上着を借りる女性心理に潜む5つの思いとは

上着を借りる女性心理に潜む5つの思いとは

上着を借りる女性心理には、男性から見て意外な理由も関係しています。気になる女性から「上着を貸してほしい」と言われると、どのような意味があるのか気になるなど、ドキッとしてしまう男性が多いでしょう。

今回はそんな上着を借りる女性心理について、考えられる5つの思いをお伝えしていきますので、ぜひ参考にしてみてください。


スポンサーリンク


 

上着を借りる女性心理に潜む5つの思いとは

 

好意を持っている

上着を借りる女性心理になるのは、相手の男性に対して好意を持っているためです。気になる男性の持ち物を借りることによって、話しかけるきっかけができたり、距離が縮まることが期待できたりするでしょう。

特に異性の上着を借りようとするのは、相手への好意をアピールしている証拠。仲のよい同性ならよくある場面かもしれませんが、異性の場合は好きな人の上着でなければ借りたいとは思わないでしょう。

「寒いので上着を借りてもいいですか?」と切り出すこと自体、女性としてはとても勇気が要るものです。しかしそんな中でも、好意を持っている男性とはチャンスがあれば親しくなりたいと思っているので、勇気を出して声をかけてきます。

場合によっては、実際は寒いと感じていなかったとしても「上着を貸してほしい」とお願いしてくる女性もいるでしょう。

 

相手の反応を見たい

「上着を貸してくれない?」と伝えてくるのは、相手の反応を見てみたい思いが関係しています。好意を持ち始めているのは確かなのですが、相手のリアクション次第では諦めたほうがよいかもしれないと慎重になっている状態。

女性が男性に頼みごとをするのは、アプローチの方法のひとつにもなり得ます。特に「上着を貸してほしい」「高いところにあるものをとってほしい」といった内容は、男性側の庇護欲を掻き立てるもの。

このため、伝えることで異性として意識される可能性が高くなるでしょう。上着を借りる女性心理は、男性が快く貸してくれるかで脈ありかどうかを判断しているのです。

躊躇なく貸してくれたり、少し照れながら肩に上着をかけてくれたりする場合は、これからより積極的にアプローチしてもよいサイン。逆に渋っているとしたら、男性側に好きな人、あるいは恋人がいる可能性があります。

 

信頼している

上着を借りる女性心理は、相手をとても信頼しているためです。恋愛感情の有無に関係なく、自分にとって好きだと感じる人でなければ、わざわざ上着を借りたいとは思いにくいもの。

これについては、相手を友人としか思っていない可能性もあります。異性として意識していない人だからこそ、躊躇なく上着を借りられるというケースもあるでしょう。

しかし少なくとも相手を信頼していなければ、持ち物を借りて身につけたいとは考えません。例えば、相手の男性に対して「清潔感がある」と思っているかどうかも、上着を借りる女性心理に反映されてくるといえるでしょう。

いつも清潔であったり、爽やかな雰囲気があったりする男性であれば、女性から見ても安心して上着を借りられる存在になるはず。現時点では恋愛感情を持たれていないケースもありますが、これから関係が進展する可能性もあるため、相手のことが気になる場合はさりげないアプローチから始めてみるのもよいですね。

スポンサーリンク

女性らしさをアピールしている

上着を貸してほしいと言うことによって、か弱い女性だとアピールしているケースもあるでしょう。気になる男性から「可愛い」と思ってもらいたいので、「薄着して来ちゃった」とストレートに伝えてくる例もあります。

また、場合によっては寒そうな仕草をして、男性から「よかったら上着着る?」と言ってもらうのを期待している例も。華奢で可愛らしい女性だと思ってもらうことができれば、男性の中で「この女性を守ってあげたい」という感情につながり、徐々に恋愛関係に進展できると感じるのでしょう。

好きな男性から「可愛いな」と思ってもらうために精一杯行動するタイプの女性は、日頃から寒さを我慢しておしゃれをしたり、無理をして高いヒールの靴を履いたり、あらゆる努力をしている可能性があります。

好きな男性との距離を縮めるために工夫している部分が色々とあるはずなので、これからは注目してあげるようにしたいですね。

 

相手を独占したい

上着を借りる女性心理になるのは、相手の男性を自分だけのものにしたいと思っている可能性もあります。持ち物の貸し借りをしたり、それを身につけたりすることは、二人がとても親しい関係である証に。

このため、男性が女性に対して上着を貸したがる際にも、「他の男性にとられたくない」「二人の仲を周囲にアピールしたい」と思っている可能性があるのです。

例えば、街中で男性物の上着を着ている女性を見かけると、すぐに気づくことがある場合も多いでしょう。隣に男性がいる場合には「貸してもらったのだろうな」「とても仲がよい二人だな」と感じるもの。

そんな効果を期待しているために、男女間で上着の貸し借りをする場面は時々あるでしょう。上着を借りる女性心理は、二人だけの幸せな空間を邪魔してほしくない、そっとしておいてほしいという気持ちの表れにもなっています。

 

いかがでしたか。

上着を借りる女性心理は、多少なりとも相手の男性に好感を持っているのは確かといえるでしょう。まだ深い愛情までは持っていなかったとしても、男性側の行動次第で関係が進展する可能性は充分にある状態。

女性から「上着を貸してほしい」と言われたら、ためらいそうになってしまうかもしれませんが、優しく女性の肩に上着をかけてあげたいですね。

 

まとめ

上着を借りる女性心理に潜む5つの思いとは

・好意を持っている
・相手の反応を見たい
・信頼している
・女性らしさをアピールしている
・相手を独占したい

☆こちらの記事もチェック!

>>>ありがとうの気持ちを伝えられない男性の心理

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました