耳たぶを触る心理に隠れた5つの感情とは

耳たぶを触る心理に隠れた5つの感情とは

耳たぶを触る心理には、どのような感情が隠れているのか気になるところです。相手の仕草を見ていて、心理が知りたくなる時も。

今回は耳たぶを触る心理で分かる相手の感情について、深く見ていきましょう。


スポンサーリンク


 

耳たぶを触る心理に隠れた5つの感情とは

 

気まずい思いがある

相手に対して気まずさを感じているので、間が持たないと思い耳たぶを触る心理になる時があります。

会話が弾んでいる時ではなく、沈黙に対して困ったと思い耳を触る人もいるでしょう。これからどのような話題を出せば良いのだろうと思い、悩んでいる場合もあるのです。

相手が悩んでいるように見えたのなら、こちらから話題を出すようにしてみましょう。相手としては、ホッとした表情になるはずです。

話題を出すのはいつもどちらかがすることだと決めずに、お互いに話題がある時には出すようにすると長続きするカップルになりやすいでしょう。

思い遣りをお互いに持っているからこそ、話題を出すタイミングが分かるケースもあるのです。

 

隠していることがある

何か隠していることがある時に、耳たぶを触る心理になる場合も。相手に対して何もやましい思いがないのなら、堂々としていられるでしょう。

でもそれができないのは、何か相手に言えないことがあるからなのです。このような時には相手は、どこか落ち着きがなく視線も泳いでいるような場合が多いでしょう。

隠し事が苦手な男性は多いので、もしも耳たぶを触ったり落ち着かなかったりしている時には「何か、隠していることはない?」と聞いてみてもよいですね。

相手としては、ドキッとして表情に出る場合が多いでのす。でも相手をあまり問い詰めるのではなく、自分から素直に話してくるまで待つ心の余裕も必要に。

相手をにらむのではなく、穏やかな表情で聞く姿勢を見せると相手としては真実を言いやすくなるのです。

聞いてみると、こちらにとってはたいした内容ではないと思う可能性もあるでしょう。

 

照れを隠している

照れているけれど見せたくないと思うので、耳たぶを触る心理になる時もあるのです。照れてしまうと、普段の自分らしくいられないので焦る気持ちがありますよね。

この焦りを自分で何とかしたいと思うので、何らかの仕草を見せる人もいるでしょう。自分にとって、これではいけないと思う気持ちがあるのです。

異性とのやり取りに慣れていない自分ではなく、慣れている余裕のある男性だと見せたい思いもあるのでしょう。

元々恥ずかしがりの場合は、好きな人の前では尚更緊張をしてしまうもの。このような時に何かをしていないと、その場の空気に耐えられないのです。

一緒にいたい気持ちがあっても、堂々としていられない自分を感じると情けなく思う人もいるでしょう。

スポンサーリンク

考えたいことがある

一緒にいる相手には申し訳ないと思いながらも、考えたい内容があるので耳たぶを触る心理になる例もあるでしょう。

考え事をする時は、人により色々な仕草をするものです。そのひとつが、耳たぶを触るものでもあるでしょう。

考えたいと思っている時に、目の前にいる人と話をしながらも耳たぶを触りながら、他の内容について考えているのです。

このような時には、視線が合わない可能性が高いでしょう。あまり話を聞く余裕がない時には、目を合わせるのが難しいものです。

自分に対して集中をしてくれないと思うと、女性としては残念な気持ちになりますよね。でも仕事などでトラブルを抱えて忙しくても、会いに来てくれた可能性もあるのです。

これについてはあまり責めずに、沈黙の時間を作るようにして考え事をさせてあげるのも必要でしょう。

 

困っている

あまり知らない話題に対して、どう返事をすればよいのか分からずに困った時に、耳たぶを触る心理になる人もいます。

相手に対してできるだけ楽しそうな表情を見せたい、返事についてもきちんとしたいと考えているのでしょう。

でもこれが出来ずに、困っているので耳たぶを触りごまかしている思いがあるのです。話題を変えることができるようなら、チャンスを見て変えようと思う気持ちもあるでしょう。

困っているような表情については、こちらか見ても分かる場合が多いですよね。これに対して「どうしたの?」と聞くようにしてみましょう。

相手が本音を言ってくれる可能性もあります。例えば「ちょっと知らない内容なので…」と相手が言ったとしたら、こちらから違う話題に変えるのもよいかもしれません。

 

いかがでしたか。

耳たぶを触る心理については、相手が何か別のことを考えたり困ったりしている場合が多いので、出来れば気がついてあげるようにしたいですね。

そのまま話し続けて、相手の緊張をほぐす方がよいと判断をしたのなら、話し続けるのもひとつの方法です。

でもここで話題を変えた方が、相手にとって楽かもしれないと感じたのなら、それをしてみましょう。

相手の立場になって考えることが出来る女性は、男性からモテる可能性が高いのです。できればそういう女性を、今後は目指すようにしてみたいですね。

 

まとめ

耳たぶを触る心理に隠れた5つの感情とは

・気まずい思いがある
・隠していることがある
・照れを隠している
・考えたいことがある
・困っている

☆こちらの記事もお勧めです!

>>>瞬きをする心理でなるほど!と思う5つのもの


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!