片思いでLINEにて告白をする時のポイント

片思いでLINEにて告白をする時のポイント

片思いの時にLINEで告白をするのは、面と向かって伝えるのは緊張するため。そんな場面にLINEで告白をする女性は、とても増えているのではないでしょうか。

LINEでは緊張せずにゆっくりと文章を考え込んでから、落ち着いて告白できるという利点があるのです。でもお互いに顔が見えず、相手の反応がわかりづらいため注意するべき点もあるでしょう。

ここでは片思いの相手にLINEで告白をする時に、成功させるためのポイントをお伝えしていきますので、参考にしてみてくださいね。


スポンサーリンク


 

片思いでLINEにて告白をする時のポイント

 

リラックスしていそうな時を狙う

LINEでの告白を成功させるためには、メッセージを送る時間帯がとても重要です。彼が仕事で忙しい時間などに送ってしまうと、相手は落ち着いて読むことができず返事を考える時間もないため、後回しにされてしまうかもしれません。

後回しにしている間に、告白してきた女性に対して様々な角度から判断し、告白の返事に悪影響を及ぼしてしまうリスクもあるのです。

そのため相手が仕事も終わり、心身ともに余裕のある時間帯の方が成功しやすいでしょう。リラックスしている時は思考もプラスに働きやすく、女性からの告白も好意的に受け取ってもらえる可能性も高いのです。

夕食や入浴を済ませた就寝前の時間がおすすめですが、あまり遅すぎる時間になると相手が寝てしまい、翌朝にLINEを見ることになるため注意が必要に。

決心がついた時にすぐに告白をしたいかもしれませんが、成功する確率を上げるためには彼の生活スタイルを把握しておき、相手がリラックスしていそうな時を狙うのがポイントなのです。

 

ストレートに気持ちを伝える

LINEで気持ちを伝える時に、曖昧でわかりづらい表現をしてしまうと、相手に伝わらない場合も。恥ずかしさからストレートに「好き」と言わずに、遠回しに好意を持っているのを伝えるだけでは、相手もどう返事をしていいのかわからず困ってしまうでしょう。

LINEでの告白は、会って直接伝える時や電話の場合と違い、お互いの表情や声のトーンもわからないため、ストレートに気持ちを伝える必要があるのです。

さらに気持ちを伝えた上で、相手にどうしてほしいのか明確に示すのも大切に。好きという気持ちをはっきりと伝え「付き合いたいから返事がほしい」という内容もしっかりと入れておきましょう。

LINEのように文字で想いを伝えるには、簡潔でわかりやすい内容の方が伝わりやすいのです。

 

普段より真面目な文章を送る

普段から気軽に連絡を取り合っている関係でも、告白をする時はいつもと違う雰囲気にするのもポイントに。いつも他愛のない話で盛り上がっている時と同じムードで気持ちを打ち明けても、真剣な想いが伝わらない可能性もあるのです。

そのためあえて改まった文章を送り、相手をドキッとさせるのが大切でしょう。「実は大切な話があるの」と、相手が真剣に読んでくれるような切り出し方をすると良いですね。

いつもは絵文字を使って可愛らしい文章を送っている女性も、告白の時は絵文字を使わず少し堅すぎるくらいのメッセージの方が、相手の心に響くかもしれません。

そのように普段より真面目な文章で変化をつけることにより、女性のひたむきな想いが伝わりやすいでしょう。

スポンサーリンク

送る前に読み返す

LINEで告白をするメリットは、しっかりと文章を整理してから送信できる点でしょう。片思いの相手を目の前にすると、緊張や焦りで言いたいことが言えない場合や、言うつもりのないことを言ってしまうなどの失敗をしてしまうリスクもあるのです。

その点LINEでは納得がいく文章が完成するまで、何度でも書き直すことができます。告白をすると決めた直後の高ぶった気持ちで書いたメッセージは、すぐに送らない方が賢明でしょう。

後から冷静に読み返した時に、修正が必要だと感じるケースは多いのです。自分の気持ちをしっかりと伝え、相手に負担をかけない内容になっているのか確認が必要でしょう。

告白をするためのメッセージは、書き終わったらすぐに送るのではなく、送る前に必ず読み返すのが大切ですね。

 

返事を急がさない

女性としては、告白をしたらすぐにでも返事がほしいもの。待っている期間が長いと不安になり、返事を催促したくなりますよね。

でもすぐに返事が来ないのは、何らかの理由があるはず。そこで相手に返事を迫ると、かえって逆効果になってしまう場合が多いのです。

おそらく相手は迷っているため、すぐに返事ができないのでしょう。理由として考えられるのは「思ってもいなかった女性からの告白に戸惑っている」「自分と相性が合う女性なのか見極めている」などではないでしょうか。

またYESでもNOでも、どのように返事をすればよいのか悩んでいるため、返事が遅くなるケースも。いずれにしても答えがもらえない間も、相手は返事の仕方をちゃんと考えているものです。

もしずっと返事もくれず誠意のない男性だった場合は、告白を取り消す方が良いかもしれません。そのように男性はゆっくりと考えたい場合もあるため、返事を急がさないようにしましょう。

 

いかがでしたか。

LINEでの告白は、直接告白をする場合とは違った配慮が必要なのです。文字で気持ちを伝えるのは、簡単なようで実は難しいもの。

できる限り成功率をアップさせるための作戦を練っておきましょう。どんな手段で告白をするとしても、それまでに彼と良好な関係を築いておくのが成功への近道なのです。

良いタイミングでLINEを使って上手に想いを伝え、片思いの恋を実らせたいですね。

 

まとめ

片思いでLINEにて告白をする時のポイント

・リラックスしていそうな時を狙う
・ストレートに気持ちを伝える
・普段より真面目な文章を送る
・送る前に読み返す
・返事を急がさない

☆こちらの記事もチェックしてみてくださいね。

>>>LINEで恋愛を盛り上げようとしてする5つのNG行動


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!