たんぽぽの花言葉で知っておきたい5つのこと

スピリチュアル

たんぽぽの花言葉で知っておきたい5つのこと

たんぽぽの花言葉には様々なものがあり、知っておくことで花の魅力もよくわかります。たんぽぽといえば、春に見頃を迎える可憐な花。

公園や道端でもよく見かけられ、子供の頃から馴染み深いという人も多いですよね。そこで今回は、そんなたんぽぽの花言葉や特徴、育てる場合のコツなどについて詳しくご紹介していきましょう。


スポンサーリンク


 

たんぽぽの花言葉で知っておきたい5つのこと

 

たんぽぽとはどんな花?

たんぽぽは、キク科タンポポ属の多年草の植物です。北半球の各国に分布しており、多くはユーラシア大陸に自然分布しています。春になると黄色い花を咲かせ、花が咲き終わると球状の白い綿毛をつけることで知られています。

これが風に乗って飛散し、様々な場所で可愛らしい花を楽しむことができます。たんぽぽにはいくつかの種類があり、日本でポピュラーなのはセイヨウタンポポやカントウタンポポなど。

日本には数十種類、世界には数千種類ものたんぽぽが自生しているといわれています。花弁のように見える小さい花がたくさん集まり、ひとつの花のように見える姿がとてもチャーミングですよね。

葉は細長くギザギザした形をしており、種子がついている綿毛もとても印象的なもの。たんぽぽの開花時期は3~5月ですが、暖かい地域では9月頃まで咲いていることもあるようです。

 

たんぽぽの名前の由来について

「たんぽぽ」という名前にはどのような由来があるのか気になる人もいるでしょう。江戸時代、たんぽぽは「鼓草(ツヅミグサ)」と呼ばれていました。花の形が太鼓に似ていることに由来するといわれています。

また、日本の伝統楽器である鼓を叩くポンポンという音から派生し、「たんぽぽ」と呼ばれるようになったという説も。さらに、花が咲き終わってからの姿が綿球のタンポに似ていることも由来のひとつとして挙げられています。

このように諸説あるのですが、日本の歴史にまつわる興味深い由来があることはよくわかります。また、たんぽぽは和名を「蒲公英(ほこうえい)」といいます。

かつてたんぽぽは漢方薬に用いられており、花が咲く前に摘み取って乾燥させたものを「蒲公英」と呼んでいたことが関係しています。そして英名は「Dandelion(ダンデライオン)」といい、こちらは耳にしたことがある人も多いのではないでしょうか。

「Dandelion」はフランス語で「ライオンの歯」を意味します。たんぽぽの歯がライオンの牙のようにギザギザしていることから名付けられたと考えられています。

 

たんぽぽの花言葉

たんぽぽの花言葉は「神託」「愛の神託」「真心の愛」です。ヨーロッパでは、たんぽぽは古くから恋占いの花として親しまれてきました。例えばたんぽぽの綿毛を一息で吹き飛ばすことができれば、想い人が振り向いてくれるというものがあります。

このような占いに用いられてきたため、「神託=神のお告げ」として花言葉がつけられたとされています。「真心の愛」というのは、たんぽぽの花が太陽のように明るい色をしており、まっすぐ茎を伸ばして生長するポジティブなイメージがあることが関係しているようです。

また、たんぽぽの花は黄色が一般的ですが、品種により実は白色やピンク色のたんぽぽも存在します。白色のたんぽぽには「私を探して」「私を見つめて」、ピンク色のたんぽぽには「温かみのある心」という花言葉があります。

スポンサーリンク

たんぽぽを育てる際のコツ

たんぽぽを自宅で育てたいと思う人もいるでしょう。馴染み深い花であるだけではなく、栄養価の高いハーブでもありますので、ぜひ色々な形で楽しんでみたいですよね。

たんぽぽを育てる場合は、日当たりのよい場所に植えてあげることが大切です。ただ直射日光は苦手としていますので、半日陰で育てるのが最も理想的。

水やりについては、鉢植えの場合は土が乾いていたら水をあげるようにしましょう。ただ、とても生命力の強い植物なので、少し乾燥していても問題なく育ちます。

それほど神経質になる必要はないのですが、葉がしおれてきた時にはきちんと水をあげることが大切です。地植えの場合は、雨の水分で充分に生長します。長く雨が降らず、日照りのよい日が続いている時には水をあげるようにしましょう。

 

プレゼントにもぴったりの花言葉を持つ可憐な花

たんぽぽの花言葉はその見た目によく似合い、とても可愛らしい印象を受けますよね。プレゼントにもぴったりで、大切な人へのポジティブなメッセージをたんぽぽに託すことができます。

たんぽぽのカラーにより花言葉は異なりますが、基本的には「愛」という感情を表現するのにふさわしい花。このため愛する人にプレゼントすることが望ましいでしょう。

たんぽぽの花束は温かみのあるイメージで、心がほっこりするような素敵なプレゼントとなります。また、たんぽぽをモチーフにしたスマホカバーや栞といったキュートで実用的なアイテムもありますので、ぜひリサーチしてみてください。春のイメージにぴったりで、贈る側も受け取る側も幸せな気持ちになれるでしょう。

 

いかがでしたか。

たんぽぽの花言葉には、とてもポジティブで素敵なものがたくさんあります。大切な人を想う気持ちを表現したい場合にもぴったりなので、花の贈り物をどれにするか迷った時は、ぜひたんぽぽを選んでみてください。

春は気分も明るくなり、心機一転して色々なことにチャレンジしたくなる季節です。そんな時に生活に花を取り入れてみるというのもよいでしょう。

 

まとめ

たんぽぽの花言葉で知っておきたい5つのこと

・たんぽぽとはどんな花?
・たんぽぽの名前の由来について
・たんぽぽの花言葉
・たんぽぽを育てる際のコツ
・プレゼントにもぴったりの花言葉を持つ可憐な花

☆こちらの記事も読んでみてくださいね!

>>>カモミールの花言葉で知っておきたいのはどんなこと?

スポンサーリンク

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP