敬語を使う男性心理になるのは恋愛感情が関係している?

男女の心理

敬語を使う男性心理になるのは恋愛感情が関係している?

敬語を使う男性心理にはどのような気持ちが隠れているのか、接するうえで悩むこともあるでしょう。ある程度親しくなりつつあるはずなのに、いつまでも敬語で話してくる男性には、心の距離を感じてしまうこともありますよね。

そこで今回は、一緒にいる時やLINEなどで敬語を使う男性心理について詳しくお伝えしていきましょう。


スポンサーリンク


敬語を使う男性心理になるのは恋愛感情が関係している?

 

まだ心を開いていない

敬語を使う男性心理になるのは、相手の女性に心を開いていない可能性があります。出会ってから日が浅い場合や、仕事上の付き合いしかしてこなかったというケースでは、なかなか敬語が抜けないことも。

「馴れ馴れしいと思われたくない」「仲良くなれる相手かどうかわからない」などの理由から距離を置き、ついよそよそしい態度をとってしまう男性もいるでしょう。

特に人見知りするタイプの男性や慎重派の人は、敬語を使うことが多いといえます。まだそれほど親しい間柄ではない女性には、気分を害することのないよう慎重にやりとりする場面が多いでしょう。双方の内面を知り、少しずつ仲が深まっていくうちに敬語が抜けていくと期待できます。

 

本命なので緊張感が強い

本命の相手と話す時は、誰しも緊張してしまうものです。好かれたい、失敗したくないという思いから委縮してしまい、上下関係はないのに敬語で話す男性もいます。

女性慣れしていない人や恋愛経験が少ない男性は、好きな女性と話をするだけで緊張が強いケースも。好きな人がやってくるまでは友人と気さくに話していた男性も、好きな人の存在を認識した途端、ぎこちなくなってしまうことがあります。

LINEでやりとりする時もつい敬語になってしまうのは、相手の女性を特別視しているからに他ならないでしょう。もっと気軽に話してもらうためには、敬語をやめるよう女性から提案する必要があります。

「タメ口で話そうよ」「タメ口で話してもいい?」とリクエストすることで、自然と打ち解けられるでしょう。

 

距離を近づける方法がわからない

親しくなりたくても、その方法がわからず躊躇しているという場合もあります。本当はもっと他愛ない話ができるような親密な関係になりたいと思っていても、なかなか近づくことができないケースも。

例えば職場の同僚や先輩に想いを寄せていて、挨拶したり雑談したりする機会はあっても、敬語は抜けないことが多いでしょう。特に女性との会話に慣れていないケースでは、ついよそよそしい話し方に定着してしまう場合があります。

ただ、毎日のように挨拶してくれたり精一杯話題を出してくれたりするところから、好意を持たれていることは感じ取れる場合も。口数が少ないわけでもなくただ敬語なのは、どのようにして距離を縮めればよいかわからないのが理由なのでしょう。

女性からタメ口混じりに話しかけることで、今よりも親密な関係になれる可能性があります。

スポンサーリンク

よい印象を与えたい

敬語を使う男性心理になるのは、相手の女性に好印象を与えたいからです。親しくなってきたからといってすぐにタメ口に変えるのではなく、誠意を持って敬語で話すことでよい印象を与えられるケースは多いでしょう。

例えば好きな女性と話す時、あえて敬語を使うことで「真面目で信頼できそうな人だな」「真剣に想ってくれているんだな」と思われ、好感度がアップすると期待できます。

軽い気持ちではなく、真剣にお付き合いがしたいと思っていることを伝えるために敬語を使う男性もいるのです。また、もし恋愛感情を持っていなくても、敬語で話して誠意や敬意をアピールしたいと考える人もいるでしょう。

仕事上、よい付き合いがしたいと思う相手にも丁寧な接し方をするケースはよくあります。このため他の人への対応の仕方もチェックして、脈ありかどうかを判断する必要があるでしょう。

 

一定の距離を保ちたい

これ以上距離を近づけないために敬語を使う男性心理もあります。他者に望む距離感は人それぞれで、できるだけ多くの友人を持ちたいという人もいれば、仕事とプライベートははっきり線引きしたいという人も。

このような中で、相手と一定の距離を保ちたいと考えるケースでは、あえてタメ口で話そうとはしない可能性が高いでしょう。自ら壁を作ることにより、単なる知り合いや職場仲間という関係を維持しようとしていることもあるのです。

性格が合わないと感じており、深く関わらないようにしたいという思いが態度に表れているのでしょう。

また、女性からアプローチを受けているものの、仕事が忙しい、他に本命の女性がいるなどの理由からやんわりとお断りしたい時にも敬語を使う場合があります。

 

いかがでしたか。

敬語を使う男性心理は一見よそよそしいようで、相手を敬う気持ちや大切にしたい思いが込められている場合もあります。恋愛感情が含まれていることもあり、好きな人が相手だとつい敬語になってしまう男性もいるもの。

相手の態度が気になる時は、まず自分から心を開いて、お互いに快適に感じられる距離感を模索していくようにしたいですね。その中で今までよりも親しくなれて、相手の本心も見えてくることが期待できるでしょう。

 

まとめ

敬語を使う男性心理になるのは恋愛感情が関係している?

・まだ心を開いていない
・本命なので緊張感が強い
・距離を近づける方法がわからない
・よい印象を与えたい
・一定の距離を保ちたい

☆こちらの記事も読んでみてくださいね!

>>>行動を報告してくる男性心理には恋愛感情が関係している?

スポンサーリンク

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP