ネックレスを触る心理に隠れた女性の本音について

ネックレスを触る心理に隠れた女性の本音について

ネックレスを触る心理になる時は、自分でも理由がわからない場合が多いですよね。特に意中の男性が目の前にいる時、無意識のうちに働いてしまうこの心理。

相手が不思議に思って指摘したり、気にかけてくれたりするケースもあると考えられるでしょう。今回はネックレスを触る心理が働くのはなぜか、女性の本音についてお伝えしていきますね。


スポンサーリンク


 

ネックレスを触る心理に隠れた女性の本音について

 

女性らしさをアピールしたい

好きな男性が近くにいると、その存在を気にせずにはいられないもの。普段は溌剌としている女性でも、気になる人の前では少し違った態度になるでしょう。

同性の友人とやりとりする時とは異なり、相手に対して女性らしさをアピールしたくなるのです。

どうすれば相手を振り向かせられるかはわからなくても、目の前の男性に心を奪われている時には、自分にできるアプローチ方法を実践したくなってしまいます。

またブレスレットや指輪など、世の中には色々な種類のアクセサリーがありますが、どのタイプよりも女性らしさをアピールしやすいのがネックレスだといえるのです。

 

新しいネックレスを見せたい

新しく購入したネックレスをとても気に入っていると、相手にも見てほしいと思う場合もありますよね。

なんらかのコメントが欲しいわけではないとしても「素敵なネックレスをつけている」と、相手が密かに思ってくれれば嬉しいと考えています。

そして家具や小物、アクセサリーなどは、買ったばかりの時に一番大切にするもの。中には古くなったからといって、ぞんざいに扱ってしまう人もいるかもしれません。

ネックレスを触る心理になるのは、そのアクセサリーを自分でも素敵だと思い、自信を持っているからですよね。

このためかなり前に購入したものであっても、大切に扱うことでネックレスに対しての愛着が湧き、自分に自信がつくケースも多いでしょう。

 

お洒落な自分でいたい

ファッションセンスというものをとても大切にする人は、友人や好きな人と会話している時でも、ついネックレスを触ってしまうもの。

この場合のネックレスを触る心理は、近くにいる相手を意識しているわけでなく、自分が身につけているアクセサリーのことが気になってしまうのでしょう。

あまりファッションに興味がない女性でも、ショッピングの最中に偶然見かけて気に入ったものを購入したり、貰い物を身につけたりするケースはあります。

しかしこのようなタイプの女性は、たとえ好みのネックレスをつけていても、目の前に友人がいる時に触るようなことはありません。

相手とのやりとりに集中するより、お洒落にこだわるほうが大切だという考えが、ネックレスを触る心理の人にはあるのでしょう。

スポンサーリンク

話が退屈

会話に対して退屈に感じていると、ネックレスを触る心理が働きやすいでしょう。その時の話題に興味がなかったり、そもそも人と話をする気分ではなかったりすると、手元にあるものに触れてしまう人間心理は実際にあるもの。

ですがテーブルの上などに、自然に触れることができるものが見当たらないと、自分のネックレスへと手を持っていく女性もいるのです。

相手の話に「そうなんだ」と相槌を打ちながらも、意識はその話題には向いていないケースもあります。話が盛り上がっている場面で、思わず身を乗り出して前のめりになってしまう人も多いですよね。

しかし話がつまらないと感じている時には、椅子にもたれかかりネックレスを触る心理になる女性もいるもの。

この様子を見て、相手が「話が面白くないのかな」と、女性の思いを感じ取る場合もあるでしょう。会話するのが楽しくなくても、できれば感情を表に出しすぎないようにし、大人の対応をするようにできるとよいですね。

 

似合うと言ってほしい

触ることでネックレスの存在を強調し、相手の目に留めるようにしたい思いもあるでしょう。「綺麗なネックレスだね」「とても似合うね」というような褒め言葉が欲しくて、普段よりも仕草に気を遣っています。

中にはネックレスについて称賛されたい人もいますが「それをつけている自分」を褒めてもらったほうが、自信につながる可能性は高いもの。

また勇気のあるタイプの女性であれば、自らネックレスに関する説明をして、話の流れを褒めてもらえるように持っていくでしょう。

しかしこれを言うことで関係性が悪くなったらどうしよう、求めている言葉がもらえないかもしれないと不安になりやすい人は、相手の反応をひたすら待つ場合が多いのです。

はっきりと似合うと言ってくれる人の前でだけ、素直になれる女性も多いでしょう。

 

いかがでしたか。

ネックレスを触る心理に関しては、これまで疑問を抱えていた人も多かったはず。女性としての魅力が発揮されやすい仕草でもあるため、実際に行なっている人もたくさんいるでしょう。

このようなタイプの女性は、自分でも無意識のうちにネックレスについて気にしている可能性が高いです。お互いにネックレスのことを話題のひとつにするよう心がけると、話が盛り上がりやすいともいえるでしょう。

 

まとめ

ネックレスを触る心理に隠れた女性の本音について

・女性らしさをアピールしたい
・新しいネックレスを見せたい
・お洒落な自分でいたい
・話が退屈
・似合うと言ってほしい

☆こちらの記事もチェックしてみてくださいね。

>>>おせっかいする心理に愛情は含まれている?


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!