彼氏と仲直りをする時にしやすい5つの失敗

彼氏と仲直りをする時にしやすい5つの失敗

大好きな彼氏でも、育った環境や考え方の違いから意見が合わず、喧嘩をしてしまう時もありますよね。

喧嘩をしても好きな気持ちに変わりがない場合は、できるだけ早く仲直りをしたいと思うものでしょう。

でも関係の修復がスムーズに進まず、想像以上にこじらせてしまうケースも。そのまま仲直りができない場合は、別れにつながってしまうリスクもあるのです。

では彼氏と喧嘩をした時に陥りやすい失敗をお伝えしていきますので、上手に仲直りをするために役立ててくださいね。


スポンサーリンク


 

彼氏と仲直りをする時にしやすい5つの失敗

 

感情的になりすぎる

女性は感情的になりやすいものですが、相手に感情をぶつけすぎるのは考えものです。喧嘩をした時にヒステリックに彼を問い詰める、すぐに泣くなどの行為は男性にとって面倒に感じるでしょう。

そのように感情的になっている時は、前向きな話をするのも難しく、さらに関係が悪化することにもなりかねません。

もしかすると女性のそういう態度が、喧嘩の原因になっている可能性も考えられます。どうしても感情を抑えきれない場合は、少し時間をおいて落ち着いてから話をするようにしましょう。

多くの男性は、感情的になっている女性は苦手なもの。円満に仲直りをするためには、冷静さを失わないように注意が必要なのです。

 

相手の非を責める

喧嘩の原因を全て相手のせいにして、自分には全く非がないと思い込んでいる女性もいますよね。でも大抵の場合はどちらにも原因がある場合が多いもの。

自分のことは棚に上げて相手に直してほしい部分ばかり責め立てると、仲直りどころか更に険悪な雰囲気になってしまうでしょう。

また、彼に対して攻撃的な態度を取っていると、嫌われてしまう恐れもあるのです。彼だけを責めるのではなく、自分にも至らない点がなかったかよく考えてみましょう。

喧嘩をした後も良い関係を続けるためには、相手にばかり改善を求めず、自分も変わらなければならない時もあるのです。

二人の問題点は解決する必要があるため、ある程度の要望を伝えるのは大切ですが、相手の非を責めるような言い方は避けた方がよいでしょう。

 

素直にならない

喧嘩をした後に申し訳ないと思っていても、素直になれない場合もありますよね。本当は謝りたいのに、意地を張ってしまうのでしょう。

できれば彼の方から謝ってほしくて、自分からは動かない女性もいますよね。中には「彼と連絡を取らない」「しばらく会わない」などの行動を取る人もいるかもしれません。

でもそのような女性の行動は、彼からすると可愛げがないと映り、関係の修復を遠ざけてしまう可能性もあるのです。

自分の反省点は素直に謝り、直す努力をした方がよいですね。もし彼の方から歩みよってくれた場合は、嬉しい気持ちを素直に表すと仲直りがしやすいでしょう。

スポンサーリンク

焦りすぎる

大好きな彼とは、少しでも早く仲直りをしたいもの。でも気持ちが焦りすぎて、根本的な解決をしないまま仲直りをすると、きっとまた同じような喧嘩が起きてしまうでしょう。

時間が経つほど仲直りがしづらくなるのは事実ですが、焦りすぎて問題の解決ができないままでは喧嘩をした意味がありませんよね。

自分は悪くないと思っているのに謝る、まだ彼の怒りがおさまっていない時期に頻繁に接触するなどの行動は、かえって逆効果にもなりかねません。

仲が良い二人に早く戻りたいのはわかりますが、焦って無理に仲直りをするぐらいなら、時間をかけてじっくりと話し合いましょう。その方が後に良い関係になれる可能性が高いのです。

 

仲直りのタイミングを逃す

仲直りをするにはタイミングがとても重要に。せっかく相手が仲直りのきっかけを与えてくれたのに受け入れない、長い時間放置してしまい仲直りのきっかけがつかめないなど。

タイミングを見誤ると、上手く仲直りができなくなる可能性もあるのです。彼が謝ってくれたのに「許せない」などと突き放してしまうと、もう彼の方からは譲歩してくれないかもしれません。

また、しばらく何も行動を起こさず時間が経ってしまうと、彼の気持ちが冷めてしまうのも考えられます。そうなると二人の関係が、自然消滅してしまう恐れもあるでしょう。

もしお互いに歩み寄れずに喧嘩が長引いてしまう場合は、どこかで譲り合って折り合いをつけるのも大切に。

お互いに気持ちが落ち着いた頃を見計らって、良いタイミングで仲直りをするのが上手くいくコツなのです。そのためには相手の様子をよく観察し、仲直りのタイミングを逃さないようにしましょう。

 

いかがでしたか。

仲の良いカップルでも、付き合いが長くなるとどうしても争いごとも出てくるもの。できればずっと揉めずに仲良く過ごせるのが理想的ですが、喧嘩ができるほど何でも言い合える関係というのも素敵ではないでしょうか。

喧嘩をした時は一時的に険悪なムードになるかもしれませんが、その後に分かり合えて仲直りができたら、より深い絆で結ばれるはず。

もし喧嘩をしてしまっても上手に仲直りができるように、間違った行動をして失敗しないように気を付けたいですね。

 

まとめ

彼氏と仲直りをする時にしやすい5つの失敗

・感情的になりすぎる
・相手の非を責める
・素直にならない
・焦りすぎる
・仲直りのタイミングを逃す

☆こちらの記事も読んでみてくださいね。

>>>彼氏がイライラしている時の5つの対処法


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!