彼氏の親に挨拶に行く時の5つの心構え

彼氏の親に挨拶に行く時の5つの心構え

付き合っている彼氏の親に挨拶に行くことになったら、彼女として気に入ってもらえるのか不安になりますよね。

そんな場面では彼女としてきちんと挨拶をして、相手の親に好印象を持ってもらいたいもの。ここでは彼氏の親に挨拶に行く時の心構えをお伝えしていきますので、しっかりと準備をしていくために役立ててください。


スポンサーリンク


 

彼氏の親に挨拶に行く時の5つの心構え

 

清潔感のある身だしなみを心がける

まず彼氏の親からの第一印象を良くするためには、身だしなみに気を付けましょう。息子の彼女には、清楚な女性であってほしいと願っている親は多いもの。

挨拶に行く時は派手すぎたり、個性的すぎたりする服装は避け、女性らしく清潔感のある服装を選びましょう。柔らかい印象を与えるためにも、堅苦しくなりすぎず優しい色合いのニットやワンピースなどがおすすめです。

服装だけでなく髪の色やアクセサリー、靴なども配慮が必要に。あまり明るすぎる髪の色は、派手な女性だと思われてしまうかもしれません。

華やかなアクセサリーをいくつも身に着ける、ヒールが高すぎる靴を履くなども、遊んでいる女性という誤解を招く恐れがあるのです。

挨拶の日は自分がしたいお洒落よりも、清潔感のある身だしなみを心がけ、彼氏の親に安心してもらうようにしましょう。

 

彼氏を立てる

親にとって息子は、かけがえのない大切な存在でしょう。親として彼女に求めるのは、何よりも息子を大切にしてくれることではないでしょうか。

そのため他愛のない会話の中や彼に対する態度から、息子を大切にしてくれる女性なのかを厳しく見極めている可能性が高いのです。

普段は対等な立場で笑い合えるようなフレンドリーな関係でも、その日は少し控えめな態度で彼氏を立てる方が、相手の親は安心するもの。

彼に対して偉そうな態度で接する、強い口調で話すなどの言動は、親を不安にさせるため避けた方がよいですね。また会話の中で息子の良い部分を褒められると、親としては嬉しいでしょう。

息子の良さをわかっている女性だと思われ、好感度も上がる可能性が高いのです。彼を尊敬し、頼りにしているのが伝わるような振る舞いを心がけ、彼氏を立てる方が親との関係も上手くいきやすいでしょう。

 

言葉遣いに気を付ける

彼氏の親には失礼のないように、丁寧な言葉遣いで話すのが礼儀でしょう。乱暴な言葉遣いや、親世代には理解できないような現代用語を多用してしまうと、イメージが悪くなってしまいます。

できれば正しい敬語を使うのが望ましいですが、敬語にとらわれすぎて会話が弾まなくならないように気を付けましょう。挨拶に行くと決まってから慌てて敬語を勉強するのではなく、普段からある程度の敬語は使えるようにしておくと良いですね。

たとえ完璧な敬語でなくても、彼氏の親を敬う気持ちが伝わるような話し方なら大丈夫でしょう。また相手の親の前で彼氏の名前を呼び捨てで呼ぶと、不快に思われる場合もあります。

いつも呼び捨てで呼んでいても、その時は「○○さん」「○○くん」と呼びましょう。言葉遣いや発言内容に気を付けながら、相手の目を見て笑顔で話すのも忘れないようにしたいですね。

スポンサーリンク

マナーや礼儀をわきまえる

親からすると息子の彼女は、結婚をして家族になる可能性もあるため、誰に紹介しても恥ずかしくない女性を望むもの。マナーが良く、礼儀正しい女性は気に入られる可能性が高いでしょう。

まずは約束の時間をきちんと守り、早すぎる到着や遅刻は避ける必要があります。家に訪問する場合は、手土産を用意していくのも忘れずに。

手土産は切り分けたりする必要がなく、そのまま皆で分けられるお菓子など、相手に負担をかけない物を選ぶのがポイントです。

会ったら最初にしっかりと笑顔で挨拶をして、玄関で脱いだ靴は揃えましょう。当たり前のようですが、緊張から忘れてしまうケースもあるため、常に意識をしておくのが大切に。

一緒に食事をする場合は、食事のマナーにも気を付けましょう。何かしてもらったら必ずお礼の言葉を伝え、感謝の気持ちも忘れないようにしたいですね。

 

彼氏の親について情報を得ておく

挨拶に行く前に、彼氏の親についての情報を集めておくのも大切です。食べ物の好き嫌いが分かっていると、手土産も選びやすくなりますよね。

また趣味や好きな物の情報を得ておくと、会話がなくなった時にも話題に困らず、話が弾みやすいでしょう。逆に話題にしない方がよい内容があれば、うっかり話してしまい雰囲気を悪くさせないためにも、事前に確認しておく必要があるのです。

皆で楽しく会話をして、不用意な言動で悪い印象を与えることがないよう、彼氏の親がどんな人なのかをよく知っておきましょう。

彼氏に協力してもらい、親の仕事や生活、性格などについて詳しく教えてもらっておくとよいですね。

 

いかがでしたか。

改まって彼氏の親に挨拶をするのは緊張してしまうため、しっかりと準備をして冷静に対応ができるようにしておきましょう。

これからも彼と一緒にいたいからこそ、相手の親とは良好な関係を築きたいもの。緊張しすぎず気持ちを落ち着かせ、周囲への気配りを忘れずに「素敵な彼女で良かった」と思ってもらえるように頑張りたいですね。

 

まとめ

彼氏の親に挨拶に行く時の5つの心構え

・清潔感のある身だしなみを心がける
・彼氏を立てる
・言葉遣いに気を付ける
・マナーや礼儀をわきまえる
・彼氏の親について情報を得ておく

☆こちらの記事もお勧めです!

>>>彼氏彼女という存在に対しての5つの女性心理


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!