視線で好意を感じるのは…この5つの時

視線で好意を感じるのは…この5つの時視線で好意を感じるのは脈ありサインだったり、ただなんとなく目があったりと色々な状況があります。「目は口ほどにものを言う」と言われることがよくありますが、人からの視線には好意や敵意など自分の対しての感情を受け取れるもの。

でもそれは敏感になっていないとわからない瞬間で、相手の視線にどんなメッセージが込められているか、判断するスキルを持っている必要があるのです。

好きな人からどう思われているのか不安になる時、まず見てしまうのが相手の視線しょう。では視線で好意を感じる5つの時について、見ていきますので参考にしていただければ幸いです。


スポンサーリンク


 

視線で好意を感じるのは…この5つの時

 

目が合うとすぐにそらす

視線で好意を感じるのは、目が合った瞬間に相手がすぐに目をそらす時です。バレた…というように、見ていたことを知られるとバツが悪くなってしまうもの。好きな人のことはどうしても気になり、いつでも見つめていたい感情になるのは自然ですよね。

でもあからさまに見つめていると、自分の気持ちが知られてしまうのが怖くなってしまいます。目が合うとすぐにそらしてしまう人は、恥ずかしがり屋の傾向があり友達とも目を合わせられない人も。

そんなタイプだと、好きな人の前に行くとわざと嫌いなフリや素っ気ない態度で接してしまう時もあります。自分の存在に気が付いてほしいと思いながらも、積極的になれないのでしょう。

 

大勢のなかでは視線を感じない

大勢でいる時にひとりだけの視線を感じることは稀にありますが、本当に好きな人に対しては周囲に自分の気持ちを知られたくない為、極力無関心な態度をとってしまうもの。視線で好意を感じるのは、決してじっと見つめられる時だけではなくて、逆に知らんふりされる時も要チェックです。

2人だけだと積極的にアイコンタクトを取ってくれるのに、なぜか周囲に人がいると視線をわざと合わせないようにする人。それは、周りの人にからかわれるのを警戒しているためかもしれません。

そんな気になる態度が続くときは、積極的に逆にアピールするのも良いでしょう。どちらかが行動に出さないと、次のステップには進めないものです。

 

会話の時はずっと目を見ている

2人で話をする時に、しっかり目を見つめる人は好意を持っている証拠です。視線で好意を感じるのは異性だけではなくて友達や家族も同様ですが、「見つめ合う」という行為は、信頼関係がないとなかなかできないことですよね。

気になる人と二人だけの空間、緊張しながらもどうしても相手の瞳に目がいってしまうのは自分の存在を知ってほしいというアピールです。

どんなつまらない話題でも楽しそうに聞いてくれる人、色々興味を持って質問してくれる人は、脈ありの可能性があるでしょう。会話の間ずっと視線で好意を感じる時は、話の内容ではなくて、話をする相手が気になっているからです。

スポンサーリンク

遠くから見つめている

視線で好意を感じる時は、近距離以外にも遠くから見られていることがあります。仕事中にふと顔を上げたら自分と目が合う人。何度となく視線が合ってしまう人。こんな存在はお互いに好意を寄せている可能性があり、チャンス次第では急接近する可能性があります。

なんとなく目が合うのは、無意識に自分が「見たい」という欲望を持っているためで、視線が何度もあってしまう人同士は、お互いに惹きつけられる何かがあるのでしょう。

こんな時は目をそらさないで、熱い視線を送るのもいいかもしれません。「好きです」と告白するのはとても勇気がいることですが、視線を送るだけなら言葉以上の気持ちが伝わる場合もあるのです。

 

優しく目が輝いている

視線で好意を感じるのは、相手の瞳が優しく輝いている時。好きな人がそばにいるとホルモンが刺激されて、目の瞳孔が開きます。キラキラした瞳はどんな人に対しても起こるわけではなくて、特別な存在にだけ。視線で好意を感じるのは、きっと自分だけに向けられた素敵な瞳の輝きがあるからでしょう。

純粋な気持ちが表れる視線や目の動き、好きな人がどうやって自分を見つめているのかさりげなくチェックしてみるといいですね。ほかの人にはないようなキラキラがあったら、脈ありのサインです。そして自分も同じように好きな人に対しては、自然と優しい視線で輝いているはず。

 

いかがでしたか。

相手によって視線は変わり、好きな人だとどうしても感情がプラスされてしまいます。飲み会や仕事中など、ふとした時に視線を感じる瞬間も。気になる人なら、思い切って見つめ返してみましょう。

視線があったのがきっかけで、素敵な恋愛に進展するかもしれません。もしかしたら、今まで気がつかなかった自分の気持ちを、発見することも。

男女の間で交わす視線でのコミュニケーションは、シチュエーションによって判断をするのが大切です。自分が派手な服装をしてただ目立っているのに、特別な視線を感じる…なんて誤解はしたくありませんよね。好きな人からの脈ありサインは、視線で好意を感じるかどうかが判断基準なのです。

 

まとめ

視線で好意を感じるのは…この5つの時

・目が合うとすぐにそらす
・大勢のなかでは視線を感じない
・会話の時はずっと目を見ている
・遠くから見つめている
・優しく目が輝いている


スポンサーリンク


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!