よりを戻すのは難しいかもしれないと思う5つのわけ

よりを戻すのは難しいかもしれないと思う5つのわけよりを戻すのは難しいかもしれない…復縁を願う中でそう思えてしまうと、恋愛に対して、自分に対して自信を喪失してしまうことになりますよね。何故よりを戻すのが難しいと思ってしまうのか、それは人によってそれぞれ理由が異なるかと思います。どんな理由にしても、復縁を望む中でよりを戻すのが難しいと思えてしまうと、悲しく、切ない気持ちに押しつぶされてしまいますよね。

そこで今回は、よりを戻すのは難しいかもしれないと思う5つのわけについて注目をしていきます。よりを戻すのは難しい、何故そう思うのでしょうか?多くの人が思う、よりを戻すのは難しいかもしれないという理由について、今回は見ていきましょう。


 

スポンサーリンク


  

よりを戻すのは難しいかもしれないと思う5つのわけ

  

元恋人に新しい恋人や好きな人がいると知ったから

 よりを戻す、そう考えたとしても元恋人にすでに新しい恋人や好きな人が出来ているということを知ってしまうと、よりを戻すのは難しいかもしれない…と思ってしまうのも当然ですよね。

すでに元恋人は新しい恋愛に目を向けている状態なので、わざわざ過去の恋愛に目を向けるなんてことはしないだろう、そう思えてしまうものだと思います。

確かに、元恋人にすでに新しい恋人がいたり、好きな人がいる場合には、よりを戻すのはとても難しいのが現実です。それが単なる勘違いの場合もありますが、実際に耳にした、目にした、そんな現実を目の当たりにしてしまっている場合には、よりを戻すのはかなり難しいと感じますよね。

その状態でアピールをしたところで余計に距離が開いてしまう可能性も出てきてしまうので、それを考えると、より強くよりを戻すのが難しいと思えてしまうのです。

 

 完全に自分に非がある状態で別れてしまったから

 完全に自分に非がある状態で別れてしまった場合、よりを戻すにしても相手が許してくれない限り、よりを戻すのは難しいですよね。例えば別れた原因が自分の浮気が原因だった、自分勝手に振る舞い過ぎてしまった…など、自分に非があり、なおかつ相手にとことん愛想を尽かされた状態で別れてしまった場合には、よりを戻すのは難しいことこの上ありません。

そんな状態でよりを戻すために動き出したとしても、相手に拒絶されてしまう可能性のほうが高いというのも事実です。実際に行動に移してみたけれどまったく手ごたえがなかった、相手は自分を許してくれていない様子だった…そんな状態だとよりを戻すのはかなり難しい問題となってくるでしょう。

  

深く相手を傷付けてしまったから

 付き合っていた当時、そして別れた時、そんな時に深く相手を傷付けてしまっている場合にはよりを戻すのは難しいかもしれないな…と思ってしまいますよね。相手を傷付けてしまっている分、いくらこちらがよりを戻すために行動したところで出来ることには制限が生まれてしまいます。

傷付けたからこそ、相手を刺激しないように、再び傷付けないように慎重に行動しなければならないので、大胆で積極的な行動によってよりを戻すために行動することが出来ない、というわけですね。

実際、深く相手を傷付けてしまった場合、相手はひどく元恋人に怯えている可能性が十分考えられます。近づいただけで怯えさせてしまう、もう二度と顔も見たくないかもしれない、そういったことも容易に想像が出来るので、深く相手を傷付けてしまった場合にはよりを戻すのが難しいかもしれない…と思えてしまうのです。

  

スポンサーリンク

自分に自信がないから

 よりを戻すというのは、普通に恋をするよりも難易度は高いですよね。一度別れた状態でよりを戻すために片思いをするというのは、いわばマイナス地点からのスタートにもなってしまうので、積極性、冷静さ、自信がないとよりを戻すのは難しくなってしまいます。

特に自信は厄介なものになります。普段自信がない、内気で消極的だという性格の人にとっては、自分の自信のなさからマイナス思考に考えてしまい、よりを戻すのは難しいかもしれないと思ってしまうのです。実際よりを戻すためには自信が必要不可欠にもなってくるので、そんな現実もわかっているからこそ、よりを戻すのは到底無理なのではないかと思えてしまうわけですね。

この手のタイプの人は、別れてしまったという時点で大きな自信喪失に陥っているので、よりを戻そうと思ってもなかなか行動出来ないという特徴もあります。

  

別れた原因を改善出来るとは思えないから

 よりを戻すのであれば、別れた原因をしっかりと考え、二度と繰り返さないように対策を練らなくてはいけません。原因を防ごうとも考えずによりを戻したいと相手に言ったところで、計画性のなさや、だらしなさが出てしまい、振られてしまうのも明白ですよね。

しかしそうはわかっていても、自分では別れた原因が改善出来るとは思えないと思ってしまう人もいます。例えば仕事のすれ違いで別れてしまい、そこからよりを戻すために動いたとしても、仕事がある限りはすれ違いは起きてしまいますよね。その原因は簡単に取り除けるものでもないので、別れた原因を改善出来ないことになり、よりを戻すのは難しいかもしれない…と思えてしまうのです。

こういったその人本人の問題ではなく、その人の環境にまつわる問題が原因で別れた場合には、どんなによりを戻すために努力をしたところで原因が改善されるわけではないので、実際によりを戻すのが難しくなり、諦めてしまう人も多いのです。

   

いかがでしたか?

よりを戻すのは難しい、おそらく復縁を望んでいる人ならば一度は考えてしまったことがあるものだと思います。実際よりを戻すのは簡単ではないので、自信喪失しやすいですし、自分ではよりを戻すのなんて無理なのかも…と意気消沈してしまうものですよね。

しかし、よりを戻すのが難しい、そう思える原因がある、それをわかっているということは、何か突破口が見付かる可能性もありますよね。それをどのように改善していくか、問題とどのように向かっていくか…それをじっくりと考えてみると、きっとよりを戻すための自信やヒントが見えてくるはずですよ。

  

まとめ

 よりを戻すのは難しいかもしれないと思う5つのわけ

・元恋人に新しい恋人や好きな人がいると知ったから
・完全に自分に非がある状態で別れてしまったから
・深く相手を傷付けてしまったから
・自分に自信がないから
・別れた原因を改善出来るとは思えないから


スポンサーリンク


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!