この人って珍しい血液型なの?と思わせる5つの性格

この人って珍しい血液型なの?と思わせる5つの性格

それぞれの血液型には特徴があって、その血液型の人の性格を特徴づけています。しかしそれに当てはまらない場合、この人は珍しい血液型なのではないだろうか、と相手に思わせてしまう事もあるのです。血液型で言われている特徴に当てはまらない人の、ちょっと一般的とは異なった性格について、お伝え致します。


スポンサーリンク


 

 この人って珍しい血液型なの?と思わせる5つの性格

 

性格その1.A型なのに結構大らか

A型といっても二つのタイプがあります。両親から受け継いだ血液型のタイプが両方共AのAAタイプと、両親のどちらかからOを受けついでいて、AOタイプと二つに分かれます。同じA型ですが、正確においては結構違いがあるのが特徴です。A型というと、真面目といったイメージや協調性に優れ、リーダータイプではないという印象がありますが、そんなA型の中にも大らかでおっとりしていて、場合によってはリーダーを引き受けるという人もいるのです。

こうなると、本来A型として一般的に思い浮かべる特徴とは随分とかけ離れてきます。それによって、周囲の人は「A型なのに随分と性格が変わっている」と思い、珍しいという印象を持ってしまうのです。

A型のイメージとは違った特徴が出ているAOタイプの人は、時と場合によっては相手に、A型なのに随分と印象が違う、この人って珍しい血液型なの?と思わせてしまう事もあるのです。

 

 性格その2.蚊に刺されやすいと言うO型

血液型によってそれぞれ特徴がありますが、実はO型は蚊に刺されやすいという特徴を持っています。もちろん人によって違いはあります。しかし科学的にどうしてO型が蚊に刺されやすいかという事は解明されていないのですが、データとして証明されています。

ただ、他の血液型の人はO型が蚊に刺されやすいという事を知っている人は意外と少ないです。そのため、O型の人が「私は蚊に刺されやすい」というふうにあまり言うと、この人って珍しい血液型なの?と思ってしまう事もあるのです。

 

 性格その3.意外と繊細な部分があるB型

B型の性格というと、自由でマイペース・人の言う事をあまり気にしないという特徴を思い浮かべる事が多いと思われます。そしてそういう性格は、実際B型の特徴でもあります。人からの評価を気にしないB型は仕事を楽しむ事ができ、のびのび仕事をするので結果がついてきやすいという特徴があります。しかし、周りの人も見落としがちなのですが、意外と繊細で気にしやすいところがあるのです。

B型なのに意外と繊細な部分があるという事は、他の血液型の人はもちろんB型自身も気が付いていない場合も多いです。そのため、B型の人が繊細な一面を見せると、この人ってもしかしたらB型ではなく珍しい血液型なのではないか?と思われてしまうという事もあるのです。

スポンサーリンク

 性格その4.独特の判断基準のあるAB型

AB型の特徴として、性格に二面性があるという事は知られています。そしてAB型の人は独特の判断基準があり、今ある選択肢の中でできるだけ自分が居心地良く過ごすという事を重要視していますので、それを基準に協調性を見せたり見せなかったりするのです。

そういった性格は、他の血液型の人には理解がし難い部分もあります。ですから、AB型という事を知らないで接してきた人は、そういう性格を感じると、この人ってもしかして珍しい血液型なの?と思ってしまうのです。

実際にAB型は、他の血液型と比べるとパーセンテージも低くて珍しい血液型と言えるでしょう。そして、独特の考え方や二面性のある性格は、確かに珍しいと言えるのです。

 

 性格その5.血液型の特徴に当てはまらないマイナスタイプ

血液型にはA・O・B・AB型の4種類がありますが、血液型にはプラスとマイナスの二つのタイプがあります。そして、マイナスのタイプの人というのは、この血液型の特徴に当てはまらないという特徴が上げられます。

そして、各血液型のマイナスタイプの人に共通するのですが、どちらかというと人間的に成熟したタイプの人が多く、周りの人に尽くしたり、人のために役に立とうという特徴があると言われています。つまり、性格的に人間の完成度が高いという事なのです。人間味にも溢れているため、人だけでなく動物にも好かれていると言われています。

しかし、よくできた人間というのは、他の人間から見ると尊敬を集めますが珍しいとも思われます。人格的によく出来た人で、この人って珍しい血液型なの?と思うような人がいたら、その人の血液型のタイプはマイナスタイプかもしれません。

 

 いかがでしたか?

血液型にはそれぞれの特徴はありますが、その中でも本当にこの血液型なの?と思わせるような部分があるのも事実です。また、どの血液型にも当てはまらないマイナスタイプを加えると、本当に奥が深いものと言えるでしょう。そういった意外な一面を知る事で、その人をより深く理解する事ができるのです。

そういう血液型の意外性を参考に、相手への理解を深めてよりよい関係を築いていけたら良いですね。

 

 まとめ

この人って珍しい血液型なの?と思わせる5つの性格

その1.A型なのに結構大らか
その2.蚊に刺されやすいと言うO型
その3.意外と繊細な部分があるB型
その4.独特の判断基準のあるAB型
その5.血液型の特徴に当てはまらないマイナスタイプ


スポンサーリンク


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!