デートでお酒を飲む時の5つの心構えとは?

デートでお酒を飲む時の5つの心構えとは?デートでお酒を飲む時、ハメを外しすぎて失敗するのは絶対に避けたいことです。でもお酒を飲むと、ついほろ酔い加減で思わぬことを言ったりしたりする確率が高くなる場合も。デートでお酒を飲むのは、2人が急接近できるチャンスでもあります。良い結果を残す為にもいくつかの心構えを頭に入れておきましょう。

大切な時に酔っぱらって、お互いに嫌な思いはしたくありませんよね。せっかくのチャンスをどう生かすかは、常識的な正しい行動を心がけることも大切。ではデートでお酒を飲む時の5つの心構えについて見ていきましょう。


スポンサーリンク


 

デートでお酒を飲む時の5つの心構えとは?

 

飲める量でセーブすること

デートでお酒を飲む時に絶対に忘れてはいけないことが、「お酒は飲んでも飲まれるな」という言葉です。たとえその場が盛り上がって楽しくても、いつものペースを崩してしまうほどお酒を飲むと、相手にも迷惑がかかってしまいます。恋愛は最初が肝心なので、お酒好きの人もできるだけ量を控えめにしておきましょう。

またデートでお酒を飲む時にタバコを吸ってしまう人もいますよね。イメージダウンにつながる場合もありますので、最初は清楚な印象を持ってもらうようにちょっとだけ自分を良く見せる努力をしてください。

お酒の力はどう働くか、その時になってみないとわかりません。たまたま体調が悪く、悪酔いしてしまうケースもあるのでご注意くださいね。

 

酔っていることを言い訳にしない

デートでお酒を飲んで、お互いに酔っぱらって言いたいことを言えるようになる関係は、付き合ってしばらくしないと難しいでしょう。初めはまだ二人ともよくわからない間柄で、相手のことを色々詮索している状態。

でもお酒を飲んだとたんに愚痴ったり、性格が荒くなったりするようではせっかくのデートが台無しになってしまいます。

お酒を飲むと日頃言えない言葉も言いやすくなるので、接近するチャンスではありますが、逆に相手に失礼になることや不快な思いをさせるようなことも言ってしまう可能性があるでしょう。

後から「酔っていたので」と言い訳をしても、すでに時は遅しという結果になるかもしれません。記憶をなくすまで酔っぱらうことは絶対に避けましょう。

いつもとは違う一面を見せてアプローチ

ほろ酔い加減で好きな人に接近するなら、デートでお酒を飲む時は絶好のチャンスです。いつもは仕事でまじめな顔をしている人も、お酒を飲んだらリラックスして違った一面を見せることがありますよね。好きな人となら、お酒の力を借りて積極的にアプローチができます。

でも注意したいのはお酒を飲んでいる時のトークの内容。気分がノリすぎて人の悪口や愚痴ばかり言ってしまうのは、相手に悪い印象を与えてしまうでしょう。いつもとは違う一面を見せるには、アイコンタクトをとったり軽くボディタッチをしたりするなど、相手がドキッとするようなことをプラスしてみましょう。

スポンサーリンク

注文しすぎないように注意

デートでお酒を飲む場所は素敵なバーかもしれませんし、安い居酒屋かもしれません。色々な状況がありますが友達と飲み行った時は、気を使わずお腹が空いてつい注文をたくさんする場合もありますよね。

デートでお酒を飲む時のメインは、二人のコミュニケーションになりますので、食べ過ぎや注文のしすぎには注意しましょう。

居酒屋のようなメニューが多い場所では、相手が何を注文したいかまずは聞いてから。お酒のお替りやおつまみの注文などは、女性が積極的に意識して気を使ってあげると良いでしょう。勝手に色々と注文をしてしまうと、性格的に相手に悪い印象を残してしまいます。

 

メイク直しを忘れないこと

お酒を飲んでいるとつい時間を忘れて、話に夢中になってしまいますよね。デートでお酒を飲む時は、自分が相手に常にチェックされることを必ず頭に入れておいてください。

汗をかいたりメイクが崩れたりしたままでは、相手はがっかりしてしまいます。途中で必ずトイレに行き、身だしなみを整えてメイク直しをしてくださいね。

すぐ隣に好きな人が座っている時は間近で顔を見られていますので、どの角度からもスキがないように、しっかり綺麗にしておくこと。お店の中が暗くて外に出た瞬間にメイクの崩れがバレてしまう場合もあるでしょう。

お酒を飲むと顔が赤くなり酔っ払いって見える時もありますので、肌の色や崩れやすい目元は、特にメイクのチェックを忘れずに。

 

いかがでしたか。

デートでお酒を飲む時は、お互いに本性が出やすいものです。飲みすぎてコントロールができなくなることは避けて、楽しく二人の時間を過ごしてくださいね。

良くも悪くもお酒を飲む機会が、二人の関係に変化をもたらすチャンスになります。最初の心構えを忘れずに、スムーズに関係を深めるような工夫をすること。そしてデートの時間が遅くなりすぎないように、お酒を飲んだ後も常識的な行動を意識してくださいね。

あまりにもデートに慣れている素振りをすると、相手が幻滅してしまいますので、デート中は相手との距離感をうまく保つことが必要になるでしょう。

 

まとめ

デートでお酒を飲む時の5つの心構えとは?

・飲める量でセーブすること
・酔っていることを言い訳にしない
・いつもとは違う一面を見せてアプローチ
・注文しすぎないように注意
・メイク直しを忘れないこと


スポンサーリンク


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!