別れたくない相手と別れずに済む6つの方法

別れたくない相手と別れずに済む6つの方法

この人と別れたくない、ずっと一緒にいたい。大好きな相手と別れずにすむ方法を調べてまとめてみました。


スポンサーリンク


 

別れたくない相手と別れずに済む6つの方法

 

方法その1 相手に重いと感じさせない事

付き合いが続けば続くほど、相手の事が大好きであればあるほど、あなたが別れたくないと思えば思うほど、相手に重いと感じさせてしまうかもしれません。相手は重いと感じると付き合いが面倒になってくるものです。好きすぎる気持ちや別れたくないという気持ちは少し隠しておくことが大切です。

相手があなたの思いを重く感じるときは、要求がエスカレートすることや愚痴や不安が増えてくることなどによるものです。好きだと言ってくれない、合う時間が少ないなどなど、不満や愚痴ばかりを口にしていませんか?付き合いが長くなることでストレートに相手に伝えすぎることは、相手にとって良く思わない場合もあるのです。

あなたも不満や愚痴ばかりの相手とは一緒にいたいと思えませんよね。先ほどの言葉も、好きって言って欲しいと伝えたり、もっと会いたいとなどと言い換えて伝えるだけども相手の感じ方は全く違ってくるのです。言葉を口にするまえに、相手はどう思うかを少し考えてから口にしましょう。ちょっとした思いやりが別れを招かないために大切なのです。

 

 方法その2 あなたの価値をアピールし、大切だと感じてもらう事

 あなたの価値をアピールし、手放すととってももったいないことを日頃からなにかの折りに触れては伝えておきましょう。価値がある存在と刷り込まれることで、相手はあなたを大切にしてくれることでしょう。

またあなたに、価値がある、付き合うことでもメリットが多ければ、相手は余所に目移りすることもなく、あなたと別れることもなく、ずっと一緒にいられることでしょう。

 

方法その3 相手が束縛されていないと感じるように自由にさせること

相手を束縛してはいませんか?浮気をされたことがある方などは疑心暗鬼になって、束縛したくなるものです。人は自由であることを好む方がほとんどです。束縛された窮屈で不自由な毎日はイヤになってしまうもの。

束縛していると気が付かれないように束縛することが大切です。相手が気が付かないほど大きな柵で囲ってしまうイメージです。物理的、直接的な束縛ではなく、相手に、あなたのことを信じていますと伝えるだけで良いのです。

信じられている以上、普通はなかなか裏切ることができず、もしも裏切ってしまうと相手には、罪悪感がうまれるでしょう。心理的なテクニックで相手を束縛することで相手はまったく窮屈には感じず、別れたくないあなたにはおすすめです。

スポンサーリンク

方法その4 自分自身も魅力的でありつづけること

やはりあなた自身が魅力的でありつづけることは、相手が別れたくないと思うこと間違いないでしょう。自分自身を高めたり、努力したり、磨くことを怠らないようにすることが大切です。外見的なことだけでなく内面を磨くことも大切です。

毎日きらきらと輝いていることで、相手は、ますますあなたを手放したくないと思うことでしょう。

 

方法その5 ケンカが多い場合は仲直りのルールを決めておくこと

意見を言い合ったり、思いをぶつけ合うということは分かりあえて良いことですが、ケンカばかりしていては、別れの日が近づいてしまいます。ケンカを良くする場合は、ケンカや仲直りのルールを決めておくことが良いでしょう。たとえば、ケンカは日を跨がないようにする、(その日に決着をつける)

暴力を振るわない(武器を使わない)、ケンカをした後はデートをして仲直りをする。ケンカをした後は握手するなどなど。簡単なルールでいいのでケンカ別れをさけるためにもお互いの気分が良い時に話会って決めておくとよいでしょう。

 

方法その6 別れのサインには早めに気が付き対処すること

 別れのサインは早めに気が付いて、手遅れにならないようにしましょう。別れのサインとはどんなものか?仕事が忙しいといってあえなくなったり、メールが来なくなったり、こんな時は、時間を見計らって電話をしてみましょう。

目を合わさなくなったり、スマホや携帯を隠すようになったりしたら、要注意。相手にさりげなく信じてるからねと伝えましょう。早めに気が付けばまだ軌道修正可能な場合もあるでしょう。日頃からコミュニケーション不足に陥らないように心掛けておくことも大切です。

 

いかがでしたか?

ずっと大好きな人と一緒にいられるように、いくつかまとめてみましたので、ご自分に合った方法で、ハッピーな毎日をお過ごしくださいね。

 

まとめ

 別れたくない相手と別れずに済む6つの方法

その1 相手に重いと感じさせない事
その2 あなたの価値をアピールし、大切だと感じてもらう事
その3 相手が束縛されていないと感じるように自由にさせること
その4 自分自身も魅力的でありつづけること
その5 ケンカが多い場合は仲直りのルールを決めておくこと
その6 別れのサインには早めに気が付き対処すること


スポンサーリンク


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!