付き合うまでの期間でよくある5つのパターン

付き合うまでの期間でよくある5つのパターン付き合うまでの期間、その期間は人によって形が様々ですよね。このまま付き合うだろうなぁと思う場合もあれば、波乱に満ちた付き合うまでの期間を過ごした後に無事結ばれる…なんてこともあります。付き合う前の期間、それは人によって色々な物語が用意されているものではあるものの、よくあるパターンというものも存在しています。

もし今気になる人がいる場合、もう少しで付き合えるはずなのにどうすればいいのだろう…と悩んでしまったら、よくある付き合うまでの期間のパターンを参考にしてみると、気になる人と結ばれるためのヒントを得られるはずです。

そこで今回は付き合うまでの期間でよくあるパターンを5つ紹介。付き合うまでの期間のパターンを知ってみると、自分のパターンと似ているものを見つけ、自分の恋愛の攻略に役立てる可能性大!きっと参考になるはずなので、早速注目してみてくださいね。


スポンサーリンク


 

付き合うまでの期間でよくある5つのパターン

 

親友から恋人になるパターン

親友から恋人になるパターンは、友達時代からお互い良いと思っていて付き合うというものがありますよね。付き合うまでの期間の中では特に刺激がある、何か大きな恋愛イベントがある…というわけではないので、もどかしさを胸に秘めながら付き合うまでの期間を送ることが多いという特徴があります。

友達から、親友から恋人になるというのは、今までの関係から卒業をするという意味でもあるのでなかなかお互い積極的になれないというものでもあります。もし一歩を踏み出してしまえば関係が壊れるかもしれない、今のほうがいいかもしれない…そんな葛藤の中で付き合うまでの期間を過ごすというのは、もどかしいものの、どこか甘くほろ苦さがあるものでもあります。

しかしだいたいそんな付き合うまでの期間を経て付き合えば、付き合ったあと友達のような仲良しカップルになることも多いので、お互い素直にぶつかり合える最高のカップルになれる可能性が高いと言えるでしょう。

 

薄々相手の気持ちを察しながら距離を縮めていくパターン

付き合うまでの期間というものは、だいたいもどかしく、ドキドキしてしまうものでもあります。そのため、付き合うまでの期間の間で薄々相手の気持ちを察しながら距離を縮めていくパターンが多く、おそらく多くの人が経験している付き合うまでの期間のパターンかと思います。

付き合うまでの期間、薄々相手の気持ちを察し、自分の気持ちが気付かれているような、そんな雰囲気の中で相手と接していくのはとてもドキドキして、刺激的ですよね。甘い感じがして、もう少しで気持ちが伝わりそうなのに、もう少しで相手の気持ちがわかりそうなのに…そんなもどかしい雰囲気に包まれながら距離を少しずつ縮めていくのは、付き合うまでの期間だからこそ経験出来る気持ちでもあります。

 

だいたい良い感じになって3ヶ月以内で付き合うパターン

だいたい付き合うまでの期間というのは、好きになったり、意識をし始めてから3ヶ月くらいだと言われていますよね。それ以上長引いてしまうと、相手が脈なしだと感じてしまったり、そもそも自分のメンタルが保たなかったり…そのため片思いはだいたい3ヶ月以内で決着を付ける人が多いのが事実です。

付き合うまでの期間、どのように過ごしていくかは人それぞれですが、だいたい3ヶ月以内の期間の間で気持ちを育み、距離を縮め、通じ合っている人が多くいます。そのため、もし今良い感じの人がいて、お互いなんとなく惹かれ合っているのがわかるのであれば、3ヶ月以内に結ばれることを目安にアピールをしていくと、スムーズに付き合うことが出来るはずなので是非参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

お互い嫉妬で自覚して付き合うパターン

付き合うまでの期間、自分の気持ちが何なのかわからない…ということも少なくありません。なんとなく気になるものの、果たしてそれが恋心なのかよくわからない…という場合もありますよね。相手も同じことを思っていたりして、なんとなく惹かれあっているのはわかるものの、自分の気持ちに自信が持てないとイマイチ一歩が踏み出せないということもありますよね。

しかしそんな中でお互いが嫉妬するような出来事があると、一気に恋心を自覚して付き合うパターンもあるのです。嫉妬は恋心を自覚するための材料のようなもの。付き合うまでの期間の中でもどかしい期間がずっと続いていき、なかなか進展しない、気持ちがハッキリしない…そんな中で嫉妬をするような出来事があると一気に急接近をして結ばれるというパターンもあるのです。

 

最初から意識をして付き合うパターン

例えば街コンや合コンなど、最初から恋愛をする相手として知り合った場合には、付き合うまでの期間は終始意識して過ごすものになりますよね。付き合うことを前提に知り合っているので、付き合うまでの期間と言ってもそこまで長いものではなく、短期間で結ばれることが多いという特徴もあります。

そのため付き合うまでの期間はお試し恋愛期間と言っても過言ではない期間でもあるので、デートをするにしても一緒に会話をするにしても、ドキドキやときめきが目一杯つまった期間になることでしょう。逆に短期戦がこの付き合うまでの期間の特徴でもあるので、最初から意識をして付き合うまでの期間を過ごすのであれば、積極的に恋愛を進めていかないとせっかくの恋愛のチャンスを逃すことになるので注意をしてくださいね。

 

いかがでしたか?

付き合うまでの機関でよくあるパターンを5つ紹介してきました。付き合うまでの期間、人によって紡いでいく物語は様々です。それでもだいたい似たような経験や関係の中で、付き合うまでの期間を過ごしていく人も多いので、もし自分に今気になっている人がいてあと少しなのに結ばれない…という場合には、今回紹介した付き合うまでの期間の中で何か自分に近いものがあるか、是非見てみてください。近いものがあれば、きっとヒントになるはずですし、恋愛をスムーズに進められるはずです。

恋愛はパターン化されているものが多いとも言えるので、今回紹介した付き合うまでの期間のパターンだけでなく、他のパターンも参考にして是非自身の恋愛に役立ててみてくださいね。

 

まとめ

付き合うまでの期間でよくある5つのパターン

・親友から恋人になるパターン
・薄々相手の気持ちを察しながら距離を縮めていくパターン
・だいたい良い感じになって3ヶ月以内で付き合うパターン
・お互い嫉妬で自覚して付き合うパターン
・最初から意識をして付き合うパターン


スポンサーリンク


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!