生命線が短いことによって、考えられる5つのわけ

生命線が短いことによって考えられる5つのわけ人は生まれる時に手を「ぎゅっ」と握って生まれてくると言われています。その時についた手のシワが生命線や感情線になっています。人は最初からある程度の運命をその手に握って生まれてきている、と言われています。左手は右脳の支配にあります。右脳は「直感、感覚、空想、象徴、全体、総合」を司っており人間の本能的な部分を担当しています。

逆に右手は左脳の支配にあり、「理論、分析、記憶、計算、計画、整理、会話、言語」など生まれてから学校などで習う学びの中から成長をする分野を担当しています。そのため左手の手相は生まれつき備わっているもの、右手は生まれてから今まで自分が磨いてきたものが反映されています。

そんな手相の中で気になるのが「生命線」。生きる時間の長さを表しているとも言われていますが、実際どうなのでしょうか。そこで多くの人が気になっている生命線が短いことによって考えられる5つの事についてご紹介します。 [Read more…]