振った相手と復縁をするために女性が出来る5つのこと

振った相手と復縁をするために女性が出来る5つのこと振った相手と復縁をしたいと思った時、どうしたらいいのか悩んでしまいますよね。自分から振った手前、なかなか復縁したいと言い出せないと思っている人も多いかと思います。

確かに自分から振ったのに復縁をしたいと申し出るのはかなり都合の良い話ですし、相手からは拒絶されてしまい、自分が深く傷ついてしまう可能性もあるでしょう。しかし振った相手と復縁する方法はないわけではないので、上手く行動すれば振った相手と復縁することも夢ではありません。

今回はそんな振った相手と復縁をするために女性が出来ることを5つ紹介!どうすれば振った相手と復縁出来るのか、振ったからこそなかなか復縁したいと言い出せずに悩んでいる女性のために、今出来ることを5つ紹介していきます!


 

スポンサーリンク


 

振った相手と復縁をするために
女性が出来る5つのこと

  

自分の非を認める

 振った相手と復縁をするためには、自分の非を認める勇気も必要です。自分から振ったということは、だいたいの場合相手に非があるから、一緒にいるのが堪えられなくなったからだと思います。その中には少なからず自分の悪い点も思い当たる部分があったと思いますが、やはり振った側の人間は振った相手の非が原因で別れを告げたのではありませんか?

もちろんそれは間違いではないでしょう。しかし別れまで至ったということは、少なからず自分にも非があるはずなのです。もしかしたら自分の非が原因で相手が悪く見えていた可能性だってあるのです。

振った手前、自分の非を認めるというのはプライドがなかなか許さないという人もいると思いますが、復縁をしたいのであれば自分の非は素直に認めましょう。お互い非を認めてこそやっと同じ視点で心から話せるようになるので、復縁をしたい気持ちを強く持ち、自分の非はどこにあったのか考え、認めていきましょう。

  

相手の好きなところを改めて考える

 復縁をしたいということは相手の好きなところを忘れられないからですよね。その気持ちは復縁をする上ではとても大切なものになるので、復縁をしたいと気持ちを一生懸命に伝えるためにも相手の好きなところを改めて考えてみましょう。

相手の好きなところを考えて自覚をしていけば、自然と言動や行動にその気持ちがにじみ出てきます。それはきっと復縁をしたいと思う相手にも伝わり、復縁の可能性を高めてくれるものになるでしょう。

 

 自分が上手(うわて)だと思わずに行動する

 振った側が無意識にでもつい考えてしまうのが、自分のほうが相手よりも上手であると思ってしまうというものです。確かに振った側が、別れ話をする上では上手だったかもしれませんが、別れてしまえばどちらのほうが有利なんてものはないのです。よく振った相手と復縁を迫る中で、振った側が「復縁してあげるよ!」と上から目線になってしまうものですが、振られた側からすれば都合の良いように振り回されてたまるかと思い、相手を拒絶してしまうのです。

もう付き合ってはいない、それは紛れもない事実なのです。相手にも選ぶ権利があり、振った側が必ずしも選ばれるわけではありませんし、まだ気持ちが残っているとも言えないのです。むしろ相手は傷付き、振った相手を恨んでいる可能性もあるでしょう。そんな相手に自分が上手だと思い行動してしまえば、結果がどうなるかは容易に想像が出来ますよね。

そうならないためにも、自分は上手だと思わず、思いやりと素直な気持ちを持って行動をしていきましょう。

 

スポンサーリンク

強引に距離を縮めない

 自分から振ったからという理由から、なんとなく強気になってしまう人もいますよね。たしかに自分から振ったのだから、相手にチャンスを与えてあげたいと思ってしまうのは誰もが少なからず思い浮かべてしまう気持ちなのかもしれませんが、それは単なる驕りであり、現実はそう甘くはないのです。

そのため、振った相手と復縁をするために距離を縮める際には強引に距離を縮めないようにしましょう。積極的になるのは悪いものではないものの、やはり自信満々に距離を縮められてしまえば相手は余計に警戒をし、距離を開けてしまうでしょう。

復縁というのは積極的になる部分もありますが、当然慎重になる部分もあります。ある程度の関係に戻るまでは慎重に行動しなければならないので、強引に距離を縮めないように注意をしましょう。

  

素直な気持ちを伝える

 復縁をしたいのであれば素直な気持ちを伝える必要があります。女性の場合、自分から振ったとしても相手に非があると思い込んでしまうと、どうしても自分に素直になれないというのが多いかと思います。これは女性が感情的であり、自分自身も素直にならなくてはいけないとわかっていながらも、感情の高ぶりを上手くコントロール出来ないからでもあります。

しかし復縁をしたいという気持ちを強く持ち、素直な気持ちを伝えなければ復縁するのは不可能だと思いましょう。感情のコントロールは難しいものですが、気持ちを伝える場面で混乱しないために、復縁をしたいと思ったその日から自分の気持ちや感情を整理してみましょう。整理していけば、伝えるべき言葉や気持ちは見えてくるはずですよ。

 

 いかがでしたか?

振った相手と復縁をするのは難しいことではありますが、自分の気持ちや非と向き合うこと、決して驕らずに行動をすることによってその可能性を高めていけるのです。

振った相手と距離を縮めるのはかなり勇気が必要ですが、それでも復縁をしたいと思うのであればなりふり構わずに突っ走ってみましょう。ひたむきな気持ちは人の心を動かすもので、その努力はどんな形であれ無駄になることはないと思います。怖い、不安という気持ちに負けず、復縁出来るように頑張ってみましょう!

  

まとめ

 振った相手と復縁をするために女性が出来る5つのこと

・自分の非を認める
・相手の好きなところを改めて考える
・自分が上手(うわて)だと思わずに行動する
・強引に距離を縮めない
・素直な気持ちを伝える


スポンサーリンク


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!