バラの花言葉で知っておきたい5つのもの

バラの花言葉で知っておきたい5つのものバラの花言葉は色々あり、プレゼントとしてもとても人気があります。花言葉をあまり気にしない人も多いと思いますが、お花のイメージとは違い、まったく異なるメッセージを持ったお花の種類もたくさんあります。

バラは違う色や異なる品種など、楽しみ方もバラエティに富んでいますが定番の赤いバラは情熱の象徴として知られていますよね。でもそれだけではなく、バラの花言葉には色々な意味があり、種類によって全く違うメッセージになります。

では、知っておきたいバラの花言葉について5つのオススメをご紹介していきましょう。


スポンサーリンク


 

バラの花言葉で知っておきたい5つのもの

 

赤いバラの花言葉について 

バラの一番人気といえば「赤い」タイプですが、花言葉は「死ぬほど恋い焦がれています」という意味があります。恋人に贈る花束としても人気がありますが、赤は情熱を示す色でバラは特にエネルギッシュなイメージがありますよね。

赤いバラも若干の色の違いによって意味が異なります。濃紅色をしたバラは「恥ずかしさ」、黒赤色は「決して滅びることがない愛、永遠の愛」という意味があります。

また赤いバラの葉には「無垢の美しさ、あなたの幸福を祈る」という花言葉があり、花全体に意味があるのはとても素敵ですよね。またしおれた赤いバラには「はかない」という花言葉があります。

 

白いバラの花言葉 

赤いバラとは全くイメージが異なる白いバラは、とても清楚で赤とは違う花言葉があります。白バラのつぼみには「少女時代、愛するには若すぎる」という意味があり、純潔を表しています。また白い小輪のバラは「恋をするには若すぎる」、しおれた白いバラは「つかの間の印象」、枯れた白いバラは「生涯を誓う」という花言葉あります。

白いバラには真っ白の品種やクリーム色タイプなどもありますが、他の色のバラとも相性がとてもいいですよね。

豪快に見せる時は白バラだけでまとめると、とてもインパクトが増え赤に負けないような豪華さがでます。白バラは全体的な花言葉として無邪気・相思相愛・約束を守る・心からの尊敬といった意味があります。

 

ピンクのバラの花言葉 

ピンクのバラは優しいパステルカラーや白に近い淡い色までさまざまですが、バラの中でも一番多い新種がピンク色といわれています。ピンクのバラは「温かい心」「愛を持つ」「しとやか」「美しい少女」「一時の感銘」「幸福」「感謝」という花言葉があります。

さらに色を細かくわけると、ダークピンクは感謝、プライダルピンクは愛している、ピンクの大輪は赤ちゃんを授かりました、という意味もあります。ピンクのバラは赤と違い誰にでも好かれる優しい色が人気ですよね。

男性から女性に贈る花としてもオススメですが、インテリアや仕事場などにピンクのバラを飾っておくと、心が自然に優しくなれるでしょう。

スポンサーリンク

オレンジ色のバラの花言葉 

オレンジ色のバラは赤やピンクと比べるとそれほど見かけない色かもしれません。花言葉には「さわやか」「魅力」「愛嬌」「健やか」「信頼」「絆」があります。薄いオレンジ色のバラには無邪気で爽やかという意味があり、基本的にオレンジ色は元気カラーなのポジティブになりたい時にオススメです。

お花を贈る時も、オレンジ色なら用途を選ばずに使える為便利かもしれませんね。バラは香りも強く女性にとってはホルモンの働きを安定させる働きもあります。

いつまでも美しく綺麗でいたい、大切な人に元気でいてほしい、そんな時にバラの色や形を選択してメッセージとして送ると良いでしょう。オレンジ色は進出色ともいわれモチベーションを高める時にもオススメです。

 

紫のバラの花言葉 

紫のバラは「王座」「誇り」「気品」「上品」「尊敬」という花言葉があります。大変気品があり、紫はピンク系の優しい暖色系から濃い紫までさまざまな色が特徴です。

バラは色や形によってイメージが全く異なり、紫色はほかの色よりも気品があるため、贈り物にする場合は会社の上司や高齢者など、自分よりも目上の人に向いていると言われています。敬老の日や退職祝い、高齢者向けの誕生日ギフトなどにも良いでしょう。

紫色は色の濃淡によって見た目の印象ががらりと変わりますよね。地味目なバラもあるため、仏花として使う方もいるようです。淡い紫色のバラには「気まぐれな美しさ」という花言葉あるように、ちょっと誘惑的でミステリアスな印象も兼ね備えています。

 

いかがでしたか。

バラの花言葉は数えきれないほどたくさんありますが、大まかにわけるならバラの色ごとに意味を理解しておくと良いでしょう。また花束にする時は色の組み合わせによって意味が異なり、赤と白の場合は「温かい心」、「調和」といった意味が込められています。

つぼみを混ぜる場合は、二つのつぼみと満開の花で「秘密」、三つのつぼみと一つのバラで「あのことは永遠に秘密」という意味があると言われています。

バラは贈りものの定番のお花ですが、色々なメッセージが隠されていますので色や形、組み合わせなども意識選ぶととても楽しいですね。

 

まとめ

バラの花言葉で知っておきたい5つのもの

・赤いバラの花言葉
・白いバラの花言葉
・ピンクのバラの花言葉
・オレンジ色のバラの花言葉
・紫のバラの花言葉


スポンサーリンク


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!