復縁の冷却期間に考えるべき5つのこと

復縁の冷却期間ってどのくらいだと思いますか?別れてから、恋人の大切さや存在の大きさに気付くことってありますよね。そうなってくると、別れた直後は思いもしなかったとしても、復縁をしたいという気持ちがじわじわと心に浮かんでくるものです。しかし、復縁をしたいと思ったからといって、別れてからすぐに行動をしてもいいのか、それとも時間を置いたほうか、そして冷却期間中には何を考えたらいいのか、迷ってしまいますよね。

そこで今回は復縁の冷却期間について注目。復縁をしたいのであれば、どれくらいの冷却期間を置いたほうがいいのか、そして何を考えたらいいのか、復縁期間中に考えるべき5つのことについて紹介をしていきます。


 

スポンサードリンク


 

復縁の冷却期間に考えるべき5つのこと

 

付き合っていた時の反省点

復縁の冷却期間中に考えるべきなのは、付き合っていた時の反省点です。復縁をするというのは再び付き合うということであり、反省点を把握していなければ同じことが繰り返されてしまうのは、簡単に想像が出来ますよね。

付き合っていた時にそういった不満や不安を相手に与えてしまい、それが結果的に破局という道へと繋がってしまった場合は、反省点をわかっていなければ復縁のチャンスは訪れません。自分としても、同じことの繰り返しでせっかく復縁出来たのに別れてしまうなんて嫌ですよね。

復縁の冷却期間中は自分の行動や言動を振り返る期間です。付き合っていた時にはどんな不安や不満、苦労を相手にかけてしまっていたのか、じっくりと考えてみましょう。

 

別れてしまった原因

もしこちらから恋人を振ったとして、相手が復縁を望んできた場合、まったく別れた原因もわからずに復縁を望んできたらイラっとしませんか?原因をわかっていないと、再び同じような原因が理由で別れてしまう可能性も高いため、特別な理由がない限り復縁しようとは思えませんよね。

そのため、復縁の冷却期間中には別れてしまった原因について考えてみましょう。原因はそのまま放置しておけば同じことが繰り返されてしまうだけになるので、原因を考えたらその改善点や次に気を付けるべきことを考えておきましょう。

冷却期間中に別れた原因について考えたとしても、必ず復縁出来るとは限りません。しかし何も考えないのは復縁の可能性を限りなくゼロに近い状態にしてしまうため、次は失敗しないためにも、別れてしまった原因とその改善点を考えていきましょう。

スポンサードリンク

本当に復縁をしたほうがいいのか

復縁の冷却期間中において、別れてしまった恋人が恋しくなり、それがより復縁の熱を自分の中で盛り上げるものとなっていると思います。しかし心のどこかで、本当に復縁をしたほうがいいのかな…?と少しでも思った人も多いのではないでしょうか。

別れたばかりというものは少なからず寂しく思うものであり、別れた恋人を恋しく思うのは当然のことでもあります。それだけ同じ時を過ごして思い出を紡いできたのであれば、それがなくなった時に寂しいと思うのは当たり前のことですよね。

別れたというのは、二人の相性が悪かったという現実でもあります。もちろん原因によっては一概には言えませんが、合わないと思ったからこそ別れてしまったのです。もしかしたら自分には他にもっと良い人がいるかもしれない、そういった可能性も復縁の冷却期間中には考えておきましょう。考えてもやはり復縁をしたいと思うのであれば、それが心から思う願いだと思うので、復縁について前向きに考えて行動に移していきましょう!

 

どうすれば相手を振り向かせられるか

別れた相手と復縁をするのはとても難しいものです。タイミングも大切になるので、どの程度冷却期間を置いたらいいのかも気にしなくてはいけませんし、より魅力的な存在になって、元恋人を振り向かせなくてはいけません。

そのために、冷却期間中にはどうすれば相手を振り向かせられるのか、どれだけ魅力的な自分へと成長をして恋人の前に現れられるのか、よく考えていきましょう。今の自分では絶対に相手を振り向かせ、復縁出来ると思ってはいけません。今の自分だからこそ別れた、だからこそ違う自分になって相手を振り向かせてやるんだ!という勢いで自分磨きもやっていきましょう。

タイミングは別れ方によって異なりますが、自分に自信を持てたタイミングがスムーズに事を運べる瞬間でもあるので、復縁をしたいと決めた瞬間から魅力的な自分になれるように心掛けていきましょう。

 

相手が考えていたこと

距離が近い相手の気持ちというのは、なんとなくわかるようでいて、肝心なところがわからないものでもあります。近いからこそ見えないというのは、恋をしたことがある人ならばなんとなくわかるのではないでしょうか。

今復縁の冷却期間中だという人は、近すぎて見えなかった相手の気持ちを考えてみましょう。自分が考えたところで相手の気持ちそのものだとは限りませんが、どんなことを考えていたのか、どんな気持ちだったのか、相手の行動や言動を思い出してしっかりと考えてみましょう。

相手の気持ちを実際に考えてみると、思い当たる点や気付ける点なども出てきます。復縁をするためには相手の気持ちにいかに寄り添えるかも大切。復縁をしたいと思ってしまうと、つい自分だけの考えや気持ちに固まってしまうため、相手の気持ちを尊重する意味も込めて、相手が考えていたことや気持ちを想像してみましょう。

 

いかがでしたか?

復縁の冷却期間中には、考えるべきこと、やるべきことがたくさんあります。今の自分のままでは復縁は出来ませんし、別れ方によっては復縁のハードルはかなり高いため、気を抜かずに努力をしていく必要があります。

だいたい復縁の冷却期間は一ヶ月~だと言われているので、もし復縁をしたいと思い立ったのであれば考えるべきものはしっかりと考えて、行動に移していきましょう。冷却期間が長すぎてしまうのは相手に新しい恋人が出来る可能性や、別れた直後の喪失感が綺麗になくなってしまっている場合もあるので、程よい冷却期間を設けて、ここぞというタイミングで復縁したいという気持ちを伝えていきましょう!

 

まとめ

復縁の冷却期間に考えるべき5つのこと

・付き合っていた時の反省点
・別れてしまった原因
・本当に復縁をしたほうがいいのか
・どうすれば相手を振り向かせられるか
・相手が考えていたこと


スポンサードリンク


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!