既読がつかない…と思った時に浮かぶ5つのこと

既読がつかない…と思った時に浮かぶ5つのこと既読がつかないと、どんなことを思い浮かべてしまいますか?既読スルーをされるのであれば、何か忙しいのかもしれない、返事を考えているのかもしれないという予想を立てられますし、内容を見てもらえているという安心感は少なからずありますよね。しかし既読がつかないと内容を確認されていないことになるので、どうして既読がつかないんだろう?と様々な不安に押しつぶされそうになってしまいます。

そこで今回は既読がつかないと思った時に浮かぶことを5つ紹介。既読がつかないときはみんなどんなことを思い考えているのか、誰もが思ってしまう既読がつかない時の気持ちについて注目していきましょう。


 

スポンサーリンク


  

既読がつかない…と思った時に浮かぶ5つのこと

  

忙しいのかもしれない

 既読がつかないと、単純に今は忙しいのかもしれないと思う人もいます。既読さえ付けば、返事がすぐに来なかったとしてもある程度は余裕があるのかもしれない、あとで返事をくれるのかもしれないという期待感を持てますよね。しかし本当に忙しいと携帯をチェックする余裕はなくなってしまうので、既読がつかないと忙しいのかも…と思うのは当たり前のことだと思います。

特に相手が忙しい人だと知っていると、既読がつかない状態が続けば今はきっと忙しいんだろうなという考えにすんなり辿り着きますよね。また、仕事などが終わってから一気に返信を返したいというタイプの人間もいるので、そういった人の場合、メッセージが来ていたとしてもすぐに確認はせず、仕事などが終わって落ち着いてから確認する場合もあるでしょう。

 

 早く見てほしい

 既読がつかない時、早くメッセージを見てほしいなぁというワクワクとした期待になる時もありますよね!余程マイナス思考や二人の関係に影が差していない限り、既読がつかない程度で必要以上に気持ちが落ち込むことはそうないと思います。それよりも、もっと連絡を取りたい、どんな反応をしてくれるのだろう?と思うと、既読がつかないその瞬間も楽しく過ごせてしまいますよね。

特に片思い中の相手と連絡を取り始めたばかりだという場合や、付き合いたての頃は、既読がつかないことによる不安よりも、既読がつかないその瞬間も楽しんでしまうのは、一度は経験がある人も多いのではないでしょうか?既読がつかないと不安に思えてきてしまうものですが、考え方によってはその瞬間を楽しく過ごせることもあるので、もし既読がつかずに不安になってしまったら、あえてポジティブな考えを持ってみると楽しい気持ちが浮かんでくこともあるので、是非試してみてくださいね。

  

無視されているのかもしれない

 既読がつかないと浮かんでしまう不安な気持ちの一つには、無視されているのかもしれないというものがありますよね。恋愛をしていると自信をなくてしまうことはあると思います。そんな状態で既読がつかないと、もしかしたら無視をされているのかもしれない…と根拠もないのに悪い方向へと考えてしまうことってありますよね。

また、最近二人の関係が上手く行ってなかったり喧嘩をした後などに既読がつかないと、無視されているのかもと思ってしまうのは当然だと思います。自分が相手のせいで機嫌が悪い時にメッセージが来ると、今は気分じゃないと思って、思わず無視をしてしまうことはありますよね。そんな気持ちを容易に想像出来るからこそ、既読がつかないと無視されているのかもしれないと思ってしまうのです。

  

スポンサーリンク

もしかして浮気かも…?

 もしかして浮気しているのかも…?と思ってしまうのは、付き合った経験がある人ならば一度は浮かんだことのある気持ちだと思います。既読がつくはずなのにつかない、そう思ってしまうと、もしかして今はタイミングが悪いのかもと悪い方向に考えてしまい、浮気をしているのかもしれないという疑いへと辿り着いてしまうのはよくあることですよね。

特に付き合いが長くなっていたり、恋人の周囲に異性の影があると思い当たる点も多くあるので、既読がつかないと浮気をしているのかもしれないと思ってしまうものだと思います。

実際浮気は単なる杞憂に過ぎない場合もありますが、実際浮気をしているからこそあえて既読をつけない場合も可能性としてはゼロではないので、過去に恋人に浮気をされたことのある人の場合は、既読がつかないと真っ先に浮かんでしまう気持ちでもあるでしょう。

  

何かあったのかもしれない

 既読がつくはずなのにつかない、そう思った時に浮かんでしまう一つの考えには、もしかしたら何かあったのかもしれないという相手の身を案じる気持ちと不安です。特に連絡をマメにしている人やいつもは既読がつかないことなんてない人の場合だと、相手の身に何かあったのかもしれないと考えてしまい、不安な気持ちに包まれてしまいますよね。

また、付き合いたての場合は相手の生活リズムがわからないからこそ、既読がつかないと何かあったのではないかと必要以上に心配をしてしまう場合もあると思います。特に付き合いたての場合は、既読がつかないと浮気を疑うよりも心配をする気持ちのほうが大きくなりがちですよね。相手のことがまだわからないからこそ不安になってしまうものなのです。

  

いかがでしたか?

既読がつかないと思い浮かぶ5つのことについて紹介をしてきました。だいたいの場合は、もしかしたらわざと既読を付けないようにしているのではないか、何か都合が悪いのではないかと考えてしまう瞬間のほうが多いでしょう。実際既読がつかないと、そういった可能性を考えてしまうのは相手が好きだからこそのことだと思います。

しかし付き合いたての場合や、相手が既読をつけないような人ではないと知っている時は、相手の身を案じた不安な気持ちに襲われることもあります。中には既読がつかない、それだけでも楽しめる瞬間もありますが、多くの場合は既読がつかないと不安、焦りを感じて胸を締め付けられてしまう人が多いと言えますね。

既読がつかない時の対処法は様々ですが、焦って勘違いをして思い込んでしまうのは良い結果を生まないので、既読がつかない時には出来るだけ前向きに考えるようにして、気持ちが後ろ向きにならないように注意をしていきましょう。

  

まとめ

 既読がつかない…と思った時に浮かぶ5つのこと

・忙しいのかもしれない
・早く見てほしい
・無視されているのかもしれない
・もしかして浮気かも…?
・何かあったのかもしれない


スポンサーリンク


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!