喧嘩で別れてから復縁をするまでの5つのプロセス

喧嘩で別れてから復縁をするまでの5つのプロセス喧嘩をして別れてしまうと、後々冷静になった時に深く後悔してしまうことは少なくありません。勢いでつい別れてしまったというパターンや、本音ではなかったなど、喧嘩をした時の熱が冷めてからようやく事の重大さに気付き、青ざめてしまうものです。

こういった場合、相手も喧嘩別れをしてしまったと後悔をしている可能性もありますが、感情的になって別れたことが気がかりとなってしまい、お互い素直になれずに距離だけが開いていってしまいがちです。そうなってくると復縁をするのはより難しい問題になってしまいます。

そうならない為にも、今回は喧嘩で別れてから復縁をするまでの5つのプロセスを紹介していきます。


 

スポンサードリンク


 

 喧嘩で別れてから復縁をするまでの5つのプロセス

 

反省点を考える

 たとえ勢いで別れたとしても、別れてしまうほどの内容で喧嘩をしてしまったことは事実です。些細な内容だったとしても付き合っていればお互い小さな不満は積もっていくものであり、タイミングや内容によって不満が爆発をしてしまった可能性も考えられます。

その為、喧嘩で別れてしまった場合にはすぐに謝ったりするのではなく、何故喧嘩に発展をしてしまったのかという反省点や改善点を考えてみましょう。ただ復縁をしたいから謝るのでは、中身がない謝罪となってしまい、最悪相手からは本当に見放されてしまう場合もあります。

復縁をするというのは、これからも二人で一緒に過ごしていきたいという意思に現れでもあるので、もう一度仲良くやっていけると相手が思えるような謝罪が出来るように反省点を考えていきましょう。

  

出来るだけ早く謝る

 喧嘩で別れてしまった時に最も避けたいのは時間が空いてしまうことです。喧嘩をしてから時間が経ってしまうと気まずい雰囲気がよりいっそう出てしまい、復縁しづらくなってしまうのです。

また、喧嘩別れで後悔をしたとしても、相手が吹っ切れてしまう可能性も考えられます。仲直りをするまでの間に素敵な異性と出会っているかもしれない、喧嘩別れは仕方がないと割り切って出会いを探してしまうかもしれない、そういった可能性も決してゼロとは言い切れないので出来るだけ早く仲直りをして復縁をする必要があると言えます。

反省点を考え、復縁の意思を伝える準備が出来たらすぐに行動を移してみるようにしましょう。

 

 感情的にならない

 喧嘩で別れてしまった場合、復縁をしたいと相手に伝える中で最も注意するべきことは感情的にならないというものです。相手への気持ちが感極まって感情的になってしまう場合は復縁が良い方向に転ぶ時もあります。しかし再び喧嘩になってしまうような感情的な態度や言動は、復縁の可能性を確実に下げていくものとなるので、復縁を伝える時や仲直りをする為の話し合いは冷静に、思いやりを持った態度を意識していきましょう。

また、相手が感情的になってしまった場合は相手を落ち着かせるように振る舞うと◎。そういった態度を取っていけば、相手も安心感を覚えて気持ちも落ち着いてくるので、復縁出来る可能性はどんどん上がっていきます。

   

スポンサードリンク

恋人への思いを素直に伝える

 復縁をしたいと伝える上で、一緒に伝えたい気持ちというのが恋人への思いです。そもそも何故復縁をしたいと思ったのか、それは恋人が好きだから、大切に思っているからだと言えます。ただ復縁をしたいという気持ちを伝えるだけでは復縁をしたいという意思は相手に伝わりません。喧嘩をして別れた後というものは、自信喪失をしている可能性も少なくはない為、自分にはあなたしかいないという意思をしっかりと伝えるようにしましょう。

やはり喧嘩の勢いで別れたとしても、相手は自分のことをそんなに好きではなかったのかもしれない…と自信をなくしてしまいがちです。ただ復縁を迫るだけでは都合の良い相手が欲しいだけなのかもしれないと思われてしまう場合もある為、恋人への思いを素直に伝えて復縁の意思を伝えましょう。

  

必要であれば第三者を相談をする

 自分や相手の性格によっては、二人だけで喧嘩別れから復縁をするのは難しいケースもあります。感情的になりやすい、お互い内気であるなどの場合には、復縁をしたいと相手に伝えることが難しくなってしまうのです。

その場合、共通の友人などに相談をして、仲介に入ってもらうように頼んでみるのもオススメです。誰かが間に入ることによってお互い冷静に話し合えたり、時にはフォローをして気持ちを代弁してくれる場合もあります。

特に意地っ張りな人は復縁をしたいと望んでいても、相手を目の前にすると憎まれ口を叩いてしまうことも少なくはないので、自分の性格を考慮した上で第三者に助けを求めるのも復縁をする為には必要だと言えます。

  

いかがでしたか?

喧嘩で別れてから復縁をするまでの5つのプロセスを紹介してきました。喧嘩で別れた後は気持ちに整理がつかない、感情的になりやすい、気まずいなどの問題から、なかなか復縁をしたくても出来ない状態が続いてしまいます。しかし長引けば長引くほど復縁の確率は低くなってしまうので、復縁をしたいのであれば、意地やプライドを捨てて素直な気持ちで相手にぶつかっていきましょう。

  

まとめ

 喧嘩で別れてから復縁をするまでの5つのプロセス

・反省点を考える
・出来るだけ早く謝る
・感情的にならない
・恋人への思いを素直に伝える
・必要であれば第三者を相談をする


スポンサードリンク


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!