写真でポーズをとる心理で考えられる5つのもの

写真でポーズをとる心理で考えられる5つのもの

写真でポーズをとる心理について、不思議に思うような時も。では今回は、写真でポーズをとる心理について、考えられる5つのものについてお伝えしていきましょう。


スポンサーリンク


 

写真でポーズをとる心理で考えられる5つのもの

 

魅力的に見せたい

どうすれば自分をもっと素敵に見せられるのだろう?と思っている人は、写真を撮る時にポーズについてもこだわる傾向があります。

魅力的に見せる方法について、普段から色々と悩んだり考えたりしているタイプの人は、できるだけ素敵に見せたい思いがあるのでしょう。

特に近くに好きな人や恋人がいるような時には、素敵だなと思われたい気持ちが強くなります。

ポーズを少し変えるだけでも、かなり魅力的になるのでは…と思うので、角度を変えて写真を撮るような人もいますよね。

景色によって変えてみたり、周りの人たちの雰囲気を見て変えたりする人もいます。かなりのこだわりを持っているので、今後もポーズの研究をし続ける場合が多いでしょう。

 

目立ちたい

人よりも目立ちたい思いがある人も。写真を撮る時にポーズを人と違うものにしようとします。

目立つためには…とその場で考えて、サッとポーズをとる人もいるでしょう。でも統一感が必要となるような写真、真面目な場面などではあまり目立つポーズはできないですよね。

こういう時には、しっかりとこの場で浮かないように意識をするのです。でも自由なポーズが許されるような場面では、目立つポーズをできるだけとろうとするでしょう。

人から見ると笑ってしまうようなポーズでも、本人はかなり真剣な場合もあります。とにかく目立ちたい、こういう思いを持っている人は、あらゆる場面で目立つ行動をしようとするのでしょう。

 

SNSを意識している

この写真をSNSに投稿しようと思っているので、写真を撮る時にポーズを考える人もいます。

毎日のようにSNSに写真を投稿して、フォローしてもらおうとしている人は、できるだけ素敵な写真を残したい思いがあるのでしょう。

どのような写真を素敵だと思うのかは、実際にSNSに投稿をしてみて反応を見ないとわかりません。

このため、できるだけ様々なポーズをとって「これとこれにしよう!」と決める人もいるのです。

少し違う雰囲気にした方が、効果的なように思う人もいるでしょう。客観的に見てどのようなポーズがいいだろう?と思うのは、SNSで見る人の目を意識しているから。

もし反応が良かったら嬉しいと思っているので、気合が入るのです。特に普段とは少し違う場所に行った時などは、SNSに投稿をしようと思うもの。

これが記念にもなると考えているのでしょう。SNSに投稿をするだけで、これがまるでアルバムのようになると思う人もいるのです。

スポンサーリンク

ライバルに負けたくない

もしも自分にとってライバル視している存在が近くにいるのなら、その人よりも素敵に見えるように、ポーズにも気を配る場合があるでしょう。

自分だけがライバル視をしているとしても、負けたくない思いがあるのです。相手のポーズを見てから、自分のポーズを決めようとする人も。

同じポーズにならないようにしようと、気にしている人もいるでしょう。同じポーズをして、相手と比べられたくないと考えているからです。

自分の方が魅力的だと、周りから思われたい気持ちが強く、自分でもこう思えるようになりたいのでしょう。

 

話題になりたい

写真を撮る人数にもよりますが、その写真を見て皆の話題になりたいと考える人もいます。あとから写真を見て、皆で語るような場目を想像してポーズを決めることも。

でもこれに対しては自虐的なポーズにわざとする人もいれば、できるだけ普段よりも魅力のあるように意識をする人などがいるでしょう。

とにかく話題になるような写真にしたい。そのためには、できるだけポーズについてこだわろうと、考えているのでしょう。

もしも話題になると考えると、写真を撮る前からワクワクする人もいるのです。話題になれる自分になるために、普段から努力をしている人もいますよね。

人から無視されるような人間になりたくない。注目をされて話題になるような人物でいたいのです。

そのため、皆で写真を撮るのはとても大切な機会。この場面でできるだけ話題になるようなポーズをとり、人にとって印象に残りたいのです。

好かれる自分でいたい思いもあるでしょう。引かれるよりも好かれる自分になるために、ポーズをとる人もいますよね。

 

いかがでしたか。

写真でポーズをとる心理には、様々なものがあります。何も考えずに反射的にポーズをとってしまう人もいるでしょう。

「どうしてこんなに面白いポーズをするの?」と周りから思われるような場面も。でも本人としては、気に入っているようなこともあるのです。

周りにどう思われても、自分にとって気に入っているポーズならこれでいいと思い、いつも同じポーズをする人もいるでしょう。

周りを気にしてポーズをとる心理もあれば、自分のために意識をする心理もあると理解をしておきたいですね。

 

まとめ

写真でポーズをとる心理で考えられる5つのもの

・魅力的に見せたい
・目立ちたい
・SNSを意識している
・ライバルに負けたくない
・話題になりたい

☆こちらの記事もチェックしてくださいね!

>>>にやける心理になるのはどんな時?気持ちを知ってみよう!


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!