可愛くなるメイクには、この5つが必要だった!

可愛くなるメイクには、この5つが必要だった!可愛くなるメイクはどうすればうまくできるのか、とても気になるテクニックですよね。オシャレをしても、メイクがうまく行かないと出かけるモチベーションが下がってしまいます。楽しみにしていたデートの時は最高に可愛くなるメイクで褒められたい!そんな女性は多いでしょう。

メイクはつい自己流で、いつも同じパターンの繰り返しになりがちです。好きなカラーを使ってばかりいると、同じ印象でちょっと飽きてしまうこともありますよね。たまには違う自分を演出するためにも、可愛くなるメイクにトライしてみる必要があります。ではそのための5つのポイントについて、詳しく見ていきましょう。


スポンサーリンク


 

可愛くなるメイクには、この5つが必要だった!

 

ベースメイクのポイント

可愛くなるメイクは、肌が綺麗であればそれだけでも十分なほど、メイクに与える影響がとても大きいです。毛穴の汚れやニキビ跡などすっぴんで外に出られないという人は、とても多いですよね。

そこで可愛く見せるには、まずベースメイクでの肌作りが大切。ファンデーションを使う前にしっかり洗顔をして、肌が明るく見えるように下準備しておきましょう。

化粧水はいつもよりも多めにしっかりパッティング。リキッドファンデーションは明るめの色を使い、指先を使ってぽんぽんと叩くように全体につけてください。余計なテカリが気になる場合は、パウダーでおさえて完成です。

パウダーファンデーションを使う時はパフではなくてブラシにすると、馴染みが良くて肌色が均一になり、ナチュラル感が出やすくなります。

 

可愛くなるメイクに欠かせない眉の書き方

アイブロウは表情を変えるほどの大切な存在になりますので、可愛くなるメイクの時はいつもよりも少し太めでカーブをつけないまっすぐ眉にしてみましょう。自然な眉の形を生かして、太さをできるだけ均等に描くことがポイント。

付け足す時はアイブロウペンシルを使って、1本ずつ丁寧に書くようにしましょう。仕上げにアイブロウパウダーを使う時は、目尻から目頭に向かってつけてください。しっかり眉とパウダーがなじむと、ふわっとした可愛い眉に仕上がります。

細い眉や眉山が極端な形だと、表情がきつく見える原因に。出来るだけ優しくて可愛い表情に見せることを意識してくださいね。

 

愛らしいアイラインのポイント

すっぴんみたいな魅力を出すなら、アイラインをひかなくてもOKなのですが、一重で目元が重く見える人はラインで強調した方が素敵でしょう。アイラインは目尻で「く」の字を書くようにしっかり囲むことがポイントに。目尻にいくにつれて、太く協調すれば目元がとても印象的なものになります。

アイラインは、リキッドタイプを使い描いてみてください。最後は自分のまぶたの形に合わせて少しだけ長めにひく感じに。下まぶたは1/4程度のところにラインを入れてください。一重でアイラインが目立ちすぎる場合は、ペンシルタイプを使っても良いでしょう。

スポンサーリンク

優しい目力をつけるコツ

可愛くなるメイクは目元が大切です。彼氏にじっと見つめられた時に優しい目力があると、彼氏はドキッとするでしょう。アイメイクのコツは涙袋を作るところです。ふっくらした涙袋は、目を大きく見せる効果もあるためぜひマスターしておきましょう。

まず涙袋全体的にパウダーを馴染ませておきます。まぶた中間部分は少しだけパウダーを重ねつけして、立体感を出すこと。目尻と目頭はぼやかすように広げて、自然な仕上がりを意識してください。

パウダーは白やパール系の明るい色がオススメ。最後にアイブロウペンシルを使って涙袋の影を書いて綿棒でなじませて出来上がりです。時間が経つとアイメイクは崩れやすいので、こまめなお化粧直しを忘れずに。

 

リップカラーで可愛く仕上げ

可愛くなるメイクは、最後のリップカラーが大切な存在になります。唇の内側が自然に見えるようにグラデーションを意識してみましょう。最初に唇の元のカラーを消す為にコンシーラーを使って赤みをなくしておきます。

唇の輪郭よりも少し広げて消してしまうのがコツ。最初に一番色を濃くする唇の中心内側に、リップカラーをつけます。上下の唇でこするように馴染ませてください。リップブラシを使うと、しっかり際まで色がついてしまうので、立体感を出す時はこれだけでも十分です。

最後に艶出しのリップグロスで完成。リップカラーはその日のファッションやアイメイクと合わせて、馴染みやすい色を選んでくださいね。

 

いかがでしたか。

可愛くなるメイクは童顔をイメージするとやりやすくなります。肌の自然な美しさを強調して、ポイントカラーもやりすぎないように注意してください。上手なメイクができると、自然と自信にもつながりますので、表情も素敵に変わっていきます。

自然で魅力的な大人可愛いメイクは、ちょっとしたコツをマスターしておけば簡単に出来るもの。毎日同じメイクではモチベーションが出なくなりますので、たまには雰囲気が変わるような違うメイクに挑戦してみましょう。

可愛くなるメイクは、男性にもとても人気がありますので注目の的になるかもしれませんね。

 

まとめ

可愛くなるメイクには、この5つが必要だった!

・ベースメイクのポイント
・可愛くなるメイクに欠かせない眉の書き方
・愛らしいアイラインのポイント
・優しい目力をつけるコツ
・リップカラーで可愛く仕上げ


スポンサーリンク


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!