メイクを一重にする時の5つのポイント

メイクを一重にする時の5つのポイント一重まぶたの女性は、パッチリとした二重まぶたに憧れを持っている人が多いですよね。

出来るだけ目を大きく見せようと、つけまつげやマツエク、またアイプチなどで無理やり二重にしている人もいます。しかし最近のメイク技術は進化しているので、一重の目を大きく見せることができるメイクテクニックも沢山あるんですよ。

今回は一重まぶたにメイクをする時のポイントについてご紹介しますので、理想の目になれるようなメイク方法をマスターしてくださいね。


 

スポンサードリンク


 

メイクを一重にする時の5つのポイント

 

一重の種類

 一重まぶたにも2種類があります。

1つはまぶたにボリュームがあり、腫れぼったいという印象が強い「ボリューム一重」です。本来ならば奥二重なのですが、まぶたにボリュームがあるために一重に見えてしまう場合もこちらのタイプでしょう。有名人で言うとモデルの冨永愛さんや女優の黒木メイサさんも実はこちらのタイプの一重になります。

もう一つはまぶたが腫れぼったくない「すっきり一重」です。こちらは一重でも目が大きく見えるので、逆に印象的な目元になっていますね。有名人で言うと女優のりょうさんやフィギアスケーターの浅田真央さんがこちらのタイプです。

名前が挙がった有名人を見てみると、一重であってもそれを活かすメイクをすることで非常に魅力的になるということがわかりますよね。

 

アイラインはくっきりと

 一重の人にとってアイラインは「不自然にならない程度に太く!」が大切なメイクポイントになります。

アイラインが不自然にならないコツは、ラインとして線で引くのではなく、まつ毛とまつ毛の間を埋めて密集した濃いまつ毛のように見せることで目をハッキリとさせる事です。まぶたを上に持ち上げて、粘膜の部分の空白を埋めていくようにペンシルでアイラインを描きましょう。さらに目を見開いた状態で少しだけ見えるようにリキッドでアイラインを描きます。黒目の上部分だけは少し太めにしても不自然にはなりませんよ。

「ボリューム一重」の方は、ラインの長さに変化を付けると、目が大きく見える効果があります。目尻のアイラインを少しハネてみたり、中央部分のアイラインを太くすると、目の縦幅が強調されるのでパッチリとした目になるでしょう。

 

一重におススメのシャドウカラー

 肌と似ているカラーを使うとまぶたが広く重く見えてしまうので、思い切ってブルーやパープル、オレンジ、濃い目のブラウンといったメリハリのあるカラーを使いましょう。

眉毛のすぐ下にホワイト系のハイライトを入れることでホリの深い目元になりますが、その場合は目に向かって自然なグラデーションを作りたいので、アイホールに入れるカラーがあまり濃くなり過ぎないように気を付けてください。

一重メイクに限らず、どんな場合でも濃い色を強く塗り過ぎることで厚化粧という印象になってしまうので、常に「ナチュラル」を意識したメイクにしましょう。

 

スポンサードリンク

ビューラーテクが出来を左右する

 つけまつげやエクステがないと生きていけない!という女性も増えていますが、それもそのはず…日本人はまつ毛が薄くて少ないので、外国人のような密集している長いまつ毛に憧れてしまいますよね。

しかしまつ毛の数や毛質を変えることは難しいので、何とかしてまつ毛にボリュームを持たせる努力が必要になりますが、そこでポイントとなるのがビューラーテクニックです。

基本的にはビューラーでまつ毛を上げてからマスカラを付けて、仕上げに再びビューラーをしますが、仕上げのビューラーにホットビューラーを取り入れるとカールが持続します。ホットビューラーは電池式で比較的価格も安いので持っていると便利ですよ。もしホットビューラーがない場合はビューラーをドライヤーで少し温めてから使うと同じ効果が期待できます。

ビューラーの使い方は、まずまつ毛の根元から強めにしっかりと挟んで、あごを引いた状態でビューラーを4、5回に分けて挟みながら毛先に移動していきますが、日本人のまつ毛の形に会ったビューラーを使わないとまつ毛が抜けてしまうので、日本製のビューラーがオススメです。

 

涙袋をプラス

 最近注目されているメイクテクニックが「涙袋」を作ることです。涙袋とは目の下のプックリと膨らんでいる部分ですが、これがあることで女らしくキュートな印象になるんですよ。

白いシャドウやハイライトを目の下まぶたに沿って入れるだけですが、最近では涙袋を作る専用のメイクセットが販売されているので、簡単に作ることができるでしょう。

涙袋ができたら、下まぶたに薄いピンクのアイシャドウを細く入れるとより女性らしい雰囲気になります。この場合アイシャドウは全体的に塗ってしまうと視線が上ばかりに集まってしまい、涙袋を作った意味がなくなってしまうので、できれば目立たないブラウンなどを薄く塗ったり、黒目の中心から目尻にかけてだけに塗るだけで十分ですよ。

 

 いかがでしたか?

一重の方はコンプレックスを持っているようですが、自分の瞳に合ったメイクをすれば、魅力的で印象的な目になりますよ。

ご紹介したようなポイントを参考にしていただいて、是非一重の目に自信が持てるようなメイクを研究してみて下さいね。

 

 まとめ

 メイクを一重にする時の5つのポイント

・一重の種類
・アイラインはくっきりと
・一重におススメのシャドウカラー
・ビューラーテクが出来を左右する
・涙袋をプラス

口コミで爆発的人気となっている『カラー波動診断』って知ってますか?

カラー波動から過去・現在・未来を紐解く!
あなたに訪れる衝撃の運命とはいかに…

恋愛で悩む女性が続々と幸せになっているその奇跡をあなたにも…

『カラー波動診断』は片想い、復縁、離婚、不倫、結婚など恋愛の悩みから幸せに導く!

2017年、注目必須の占いを一足先に体験してみませんか?

≪初回無料≫で鑑定できるので、恋愛成就させたい方は試してみてはいかがでしょうか?

btn201611


スポンサードリンク


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!