メールの告白を成功させるための5つのテクニック

メールの告白を成功させるための5つのテクニック気になる人がいるけれど…面と向かって告白するのが恥ずかしいという人は、メールでの告白してみるのはいかがでしょうか?

告白は面と向かってするべきだ!というのは今や古い考え方のようで、最近はメールでの告白も珍しくない時代です。

しかしメールでの告白にもテクニックが必要で、失敗したらフラれてしまうかもしれません。そんなことの無いように、今回はメールでの告白を成功させるためのテクニックをいくつかご紹介したいと思います。


スポンサードリンク


 

メールの告白を成功させるための5つのテクニック

 

告白メールを送るまでの期間

知り合ってすぐに告白メールというのも相手は困ってしまうので、だいたい2,3か月たってから告白するのがちょうど良いでしょう。それまでは少し自分の気持ちをほのめかす位のメールで徐々に距離を縮めていくと良いですよ。

たわいもないメールのやり取りをしているうちに、段々と告白をしやすい関係になってくるはずです。また2,3か月経ってから告白メールを送ったほうが、相手としても受け止めやすいはずです。知り合って間もないのに告白されても、まだ相手のことを何もわかっていない状態なので返事のしようがないですし、かと言って友達の期間が長すぎても告白のタイミングを逃してしまいそうですよね。

もちろん自分的に「今ならイケる!」という時があれば、そのチャンスを逃さないようにしたほうが良いですが、特に変化がないなら2,3か月がベストだと言えるでしょう。

 

内容を考える

メールで告白するときに一番悩んでしまうのが内容ですよね。しかし悩むとついついだらだらと長い文章になってしまうので気を付けた方が良いでしょう。内容はとにかくシンプルに限ります。シンプルで短い文章の中に「好きです」「付き合ってほしいです」という言葉を入れるのがベストです。

もし告白メールをもらった時に、好きになったきっかけや好きな所が長々と書いてあったら、なんだか読んでる途中で気が抜けてしまってドキドキしなくなってしまいますよね。場合によっては少し怖くなってしまうかもしれません。内容がシンプルであればそんな心配もないですし、言葉が少ない分相手はドキドキしながら何回も読み返してあれこれ考えてくれるでしょう。

告白の言葉も「気になっている」「好きかもしれない」などと曖昧な表現は避けて、ハッキリと「好きだから付き合いたい」と文章に書いて、返事を聞かせてほしい事も忘れずに書きましょう。シャイな人や恋愛に対して受け身な人は、どう返信してよいのかわからずそのままにして、結局うやむやになってしまうケースもあるので、必ず返事を待っていることは伝えたほうが良いですよ。

 

絵文字は必要?

普段のメールであれば多少の絵文字は使ったほうが効果的ですが、告白メールにはできれば使わない方が良いでしょう。

絵文字や顔文字を使えば使うほど、なんだかふざけているような印象になってしまうので、告白も真剣にとらえてくれない可能性もあります。仕事のメールで大事な報告をする場合には絵文字なんて使いませんよね。それと同じで、真剣な気持ちを伝えようとするときには絵文字は必要ありません。使うとしたら照れ隠しに「バイバイ」の手を振る絵文字くらいにしておいてください。

また告白をする時に絵文字や顔文字で派手な雰囲気のメールにしてしまうと、メールで告白するのに慣れていたり、チャラい感じになるのは否めません。となれば返事も適当になってしまうでしょうし、本気で好きだととらえてもらえない可能性もあるかもしれませんね。

スポンサードリンク

いきなりの告白はやめた方が無難

告白をしようと張り切ってメールを送るとはいえ、いきなり「好きです。付き合ってください」という言葉から始まるメールでは、相手が戸惑ってしまうのも仕方がありません。

自分的にはいち早く伝えたい言葉なので、どうしても冒頭から核心に入ってしまうかもしれませんが、せめて一呼吸置くだけの余裕を持つことが大切です。

まずは挨拶などで相手がホッとできるような言葉を入れましょう。「今日もお疲れさま」「寝てたらごめんね」など、相手をねぎらう言葉から始めると、いつも自分のことを大切に思っていてくれているんだという印象を最初に与えることができるので、そのあとの告白の文章も気分よく受け止めることができるかもしれませんよね。

 

告白メールを送るタイミング

告白メールを作成したら、あとは送るタイミングです。メールを送る時間帯は、人それぞれの生活リズムや職種によっても違うので、べストタイミングはこの時間帯!という正解がありません。こればっかりは相手がリラックスできている時間帯を確認してから送るのがベストでしょう。

まず基本的に、朝は告白メールが送られてきたところで忙しくてそれどころじゃないかもしれませんし、心に響いてきません。仕事が終わって家でテレビでも見ながらゴロゴロしている時がベストです。

しかし本来ならば仕事も終わって家でくつろいでいる時間帯でも、たまたま飲み会で酔っ払っている日もあるかもしれません。その状態で告白メールを読むのと、家でくつろいでいる時に読むのでは、受け取り方が大きく変わってくるので、できればスケジュールも確認しておくと良いかもしれませんね。

 

いかがでしたか?

メールでの告白でも、好きだという気持ちを伝えたい!と思えば、必ず伝わるはずです。さらにご紹介したようなテクニックをプラスすることで、あなたの思いは確実に相手に伝わるに違いありませんよ。

 

まとめ

メールの告白を成功させるための5つのテクニック

・告白メールを送るまでの期間
・内容を考える
・絵文字は必要?
・いきなりの告白はやめた方が無難
・告白メールを送るタイミング

口コミで爆発的人気となっている『カラー波動診断』って知ってますか?

カラー波動から過去・現在・未来を紐解く!
あなたに訪れる衝撃の運命とはいかに…

恋愛で悩む女性が続々と幸せになっているその奇跡をあなたにも…

『カラー波動診断』は片想い、復縁、離婚、不倫、結婚など恋愛の悩みから幸せに導く!

2017年、注目必須の占いを一足先に体験してみませんか?

≪初回無料≫で鑑定できるので、恋愛成就させたい方は試してみてはいかがでしょうか?

btn201611


スポンサードリンク


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!