遠距離の片思いを両想いにするための5つのテクニック

遠距離の片思いを両想いにするための5つのテクニック遠距離の片思いって、成就するのが難しいと思われがちですよね。確かに普通の片思いと比べてみると、遠距離ってだけでも恋愛の障害になりますし、それが片思いともなればアピール方法なども限られてしまいます。

片思いを両思いにするのは難しいかも…と遠距離の片思いだからという理由だけで諦めてしまう人も少なくはないでしょう。しかしそれってとっても勿体無いことだとは思いませんか?

遠距離の片思いは確かに難しいものでもありますが、それでもテクニックを少し掴めば遠距離の片思いを成就させることも出来るようになるのです!そこで今回は、遠距離の片想いを両思いにするためのテクニックを5つ紹介していきます。

今、遠距離の片思いに悩んでいる人は是非チェックしていきましょう。遠距離だからと片思いを諦めてしまうのはとても勿体無いことなので、せっかくの縁を無駄にしないためにもその恋を成就させていきましょう。


 

スポンサーリンク


  

遠距離の片思いを両想いにするための
5つのテクニック

  

LINEやメールで出来るだけ連絡を取り合う

 LINEやメールで出来るだけ連絡を取り合うのは、遠距離の片思いをスムーズに進めるためには必要不可欠なこととなっていきます。これを最低限やっていかないと遠距離での片思いを両思いにするのはほぼ不可能だと言えるので、出来るだけLINEやメールで連絡を取り合うようにしましょう。

LINEやメールで出来るだけ連絡を取り合うと、実際に会っていなくても連絡を取り合っている人をより身近に感じることが出来るようになります。遠距離で恋愛を進めるためには重要なポイントになっていくので、出来るだけ欠かさないようにしましょう。

遠距離恋愛の障害となるのは、距離を感じてしまうことなのです。LINEやメールは距離がなくても出来るものであるので、上手く活用して遠距離の障害である距離を感じさせない関係を作っていけば、遠距離の片思いも成就しやすくなりますよ。

  

SNSで積極的に交流をする

 遠距離の片思いをスムーズに進めるためには、SNSを利用するのもテクニックの一つです。特にTwitterなどは気軽に日常のことをつぶやいたり、誰かの投稿に反応しやすいものでもあるので、距離を縮めることが出来るので、遠距離恋愛の強い味方となるのです。

もし相手がSNSをやっているならば、遠距離の片思いを成就させるためにも自分も参加をしていきましょう!相手の知らない一面を垣間見ることが出来るツールでもあるので、そこからさらにアピールポイントを見つけることが出来る可能性もあるはずです。

SNSはその人の情報の宝庫とも言えるので、SNSを通じて遠距離の片思いを進めるだけでなく、その人にまつわる情報をリサーチして、より効果的なアピール方法を探していきましょう!

 

伝えるべきことは電話で伝える

 伝えるべきことは電話で伝えるというのも、遠距離の片思いでは大切なことです。伝えるべきことというと、告白…?と思う人もいると思いますが、例えばこの話やこんな出来事を好きな人に話したいなぁと思う時ってありますよね。

でも恋人じゃないし、わざわざ話したいと思ったことを話すのは気が引けると思う人もいるでしょう。しかし伝えたい、話したい、そう思ったことを話さないと遠距離の壁を乗り越えるのは難しくなってしまうのです。

恋愛は遠慮をするとどんどん遠慮がちに、引っ込み思案になってしまうので、積極的な行動が恋愛成就に結びつきます。遠距離の片思いは特に積極的にならないと両思いにはなれないので、話したいと思ったことは電話で伝えてみましょう。電話は実際に声となって相手に届くので、メールやLINEと比べて親密感が増し、距離が縮むはずですよ。

  

スポンサーリンク

出来るだけ会える機会を増やす

 距離にもよりますが、出来るだけで会える機会を増やすのも遠距離の片思いを成就させるためには必要なことになります。頻繁に会うのは難しいかもしれませんが、やはり会っておかないとお互いいくら惹かれ合っていたとしても、あと一歩勇気が出ない、付き合うまでいかないということになりかねないので、出来るだけ会える機会を増やして遠距離の相手との距離を縮めていきましょう。

片思い中だとなかなか会いにくいという人もいると思います。しかし遠距離という点を考えてみると、積極的にならなければいつまで経っても遠距離の片思いが両思いになるのは難しくなってしまうので、思い切って会う約束をしてみましょう!

遠距離だからこそ、せっかく近くに行くから…と理由付けをすれば会いやすいと思いますし、実際に会って距離を縮めることが出来れば、より親密な関係になれると思います。ストレートに誘いにくい場合には、何か理由をつけてみると会いやすくなるので是非試してみてくださいね。

 

 共有出来るものは共有して一緒に楽しむ

 遠距離の片思いを両思いにするためには、二人にとって特別な時間を作ることが重要なポイントになっていきます。そこでオススメなのが、共有出来るものは共有して一緒に楽しむというものです。

今の時代、共有しやすい時代にもなっているので、例えば同じ動画をインターネットを通じて一緒に見てみたり、映画やドラマを楽しんでみるのもいいでしょう。地上波で放送中のテレビを電話しながら一緒に観るのもきっと楽しく、盛り上がるはずです。

また、LINEなどで写真を送ってみるのも◎。美味しそうなご飯や風景の写真など、感動を共有すると、人は共感をし、その人を身近に感じやすくなるのです。遠距離という壁を感じさせないものになりますし、共有して楽しめることが出来る関係ならば遠距離恋愛でも付き合っても問題ないかも…と思いやすくなり、片思いが両思いに成就しやすくなるのです。

  

いかがでしたか?

遠距離の片思いを両思いにするためには、普通の恋愛よりも積極的に行動しなければなりません。何かを遠慮してしまえば遠距離の片思いが成就することなく終わってしまう恐れが出てきてしまうので、少しでも遠距離の片思いを成就させたければ勇気を持って積極的に行動をしていきましょう!

遠距離だからこそ、ちょっと大胆で積極的な行動をしたとしても、案外大丈夫という場合のほうが多くあります。恐れていては恋を成就させるのは難しくなってしまうので、遠距離だからこそちょっとやそっとの心配は大丈夫と割り切って、思い切った行動に移してみましょう。きっとその遠距離の片思いは、頑張った分、成就するはずですよ。

  

まとめ

 遠距離の片思いを両想いにするための5つのテクニック

・LINEやメールで出来るだけ連絡を取り合う
・SNSで積極的に交流をする
・伝えるべきことは電話で伝える
・出来るだけ会える機会を増やす
・共有出来るものは共有して一緒に楽しむ


スポンサーリンク


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!