友達以上恋人未満から恋人になるための5つのきっかけ

友達以上恋人未満から恋人になるための5つのきっかけ私達って付き合ってるのかな…気になる人との関係が友達以上恋人未満だと、何だか不安になってしまいますよね。

そのような関係からステップアップして、自他共に認める「恋人」という関係になるには、ちょっとしたきっかけが必要かもしれません。今回は友達以上恋人未満の関係にピリオドを打って、恋人になるためのきっかけについてまとめてみました。


 

スポンサードリンク


 

友達以上恋人未満から恋人になるための5つのきっかけ

 

相手の本音を確かめる

 友達以上の関係である以上、相手もそのような曖昧な関係にピリオドを打って、ちゃんと恋人同士として付き合いたいという思いがあり、そのチャンスを狙っている状態かもしれません。とは言えなかなかストレートに相手の本音を聞く勇気がないなら、誘導尋問で相手の気持ちを確かめてみましょう。

例えば何気なく「私に彼氏ができたらどうする?」と聞いた時に、サラッと「じゃあもうこんな風に会えないね」と言ったら、残念ながら友達以上恋人未満の関係のまま発展は難しいと考えられます。脈ありの場合は「えっ?!彼氏できたの?!」と驚いたり、「それは困るな…」と照れながらもヤキモチを焼くはずですよ。

 

女性らしさをアピールする

 今さら何だか恥ずかしいな…と思うかもしれませんが、そもそも友達以上恋人未満の関係から進展しない原因は、イマイチ女性として意識してもらえないことかもしれません。

例えば男同士の会話みたいにガサツな言葉使いをしていたり、ちょっと近所でお茶するだけだからと服装やメイクに気を抜いたりすれば、確実に女子力が下がって色気を感じることはないでしょう。男性は意外に細かいところまでチェックしているので、普段の身だしなみや言葉使い、女性らしい仕草などで自然なアピールすることが大切です。

少しでもあなたに「オンナ」を感じれば恋人として意識するキッカケにもなるので、できれば彼好みのファッションや髪形にしてみたり、女性らしい気使いや仕草で男心を刺激してみましょう。

 

2人で会う回数を増やす

 人間には何度も会っているうちに印象が強まって、好意が湧いてくるという特徴があります。これは心理学で「単純接触効果」と言われていますが、要は会う時間が短くても、会う回数が多ければ多いほど心の中にインプットされやすいということです。

例えば月に1、2回休みの日に会うという関係なら、毎日のように仕事帰りに1杯飲んだり、一緒の電車で帰るといったペースの方が、友達以上恋人未満の関係から抜け出せる確率が高くなるということですね。会う回数を増やしたいなら、通勤時間を利用したり、モノの貸し借りやちょっとした頼み事をするのも良いですよ。

会社の同僚であれば毎日顔を合わせるので、ちょっとした会話をするだけでも十分に効果はあります。また会えなかった日はメールやLINEを送っておくと、会ったような感覚になるので、仕事終わりに「お疲れさま」メールでも送っておきましょう。

 

スポンサードリンク

アメとムチ

 恋愛には駆け引きが必要だと言われていますが、友達以上恋人未満の関係から抜け出したいなら思い切ってムチを使うのもきっかけになりますよ。

顔を合わせても他の人と同じような挨拶だけで済ませたり、別の男性と仲良く話している姿を見せたり、相手が友達以上恋人未満の関係に満足していると感じたタイミングで、二人きりで会うのをパタッとやめるのもわかりやすい方法です。

男性からすればそんなあなたの行動に違和感を感じて「何か嫌われるようなことしたかな…」と不安になり、このままだと他の誰かに取られてしまうのではないかという危機感を感じるようになります。

男性はある程度安心感を与えてしまうと、現状維持で満足してしまうので、一歩踏み込んだ関係になりたいなら「このままじゃいけないんだ」ということに気付いてもらいましょうね。

 

そもそも彼女がほしいかどうかを確かめる

 最近は「草食系男子」が増えてきましたが、恋愛すること自体が面倒だと思っている男性が増えているのも現実です。また他人から見れば恋人同士に見えるけれど、実はどっちでもないという曖昧な関係性をあえて求める男性もいます。

正式に付き合うとなったら、男性的には責任感や面倒なことも出てきます。例えば他の女性と遊べなくなったり、1日1回は必ず連絡をしなければいけなかったりというルールによって、今までの自由な生活ができなくなるんじゃないかという気持ちがあるのでしょう。

もしかすると今の関係がベストで、ずっとこのままの関係をキープしたいと思っている可能性もあるので、あなたがそれを望まない場合はこの際ハッキリと確かめた方が良いですね。ストレートに「彼女ほしいと思う?」と質問して、何の躊躇もなく「ほしいよ」という答えが返ってきたら安心して良いですが、答えに困ったり、「出来ればほしくないかな」といった答えの場合は、ただ一緒にいて居心地が良い相手としか見られていない可能性が高いので、進展する望みは薄いと言えるでしょう。

  

男性と女性は、同じ人間でも全く違う生き物なので、お互いを理解するのは難しいですよね、

友達以上恋人未満の関係も、男女の恋愛に関する考え方の違いによって築かれる場合が多いでしょう。しかしそれに満足していないなら、自分でどうにかするしかないので、是非ご紹介したようなきっかけを試してみて下さいね。

  

まとめ

 友達以上恋人未満から恋人になるための5つのきっかけ

・相手の本音を確かめる
・女性らしさをアピールする
・2人で会う回数を増やす
・アメとムチ
・そもそも彼女がほしいかどうかを確かめる

口コミで爆発的人気となっている『カラー波動診断』って知ってますか?

カラー波動から過去・現在・未来を紐解く!
あなたに訪れる衝撃の運命とはいかに…

恋愛で悩む女性が続々と幸せになっているその奇跡をあなたにも…

『カラー波動診断』は片想い、復縁、離婚、不倫、結婚など恋愛の悩みから幸せに導く!

2017年、注目必須の占いを一足先に体験してみませんか?

≪初回無料≫で鑑定できるので、恋愛成就させたい方は試してみてはいかがでしょうか?

btn201611


スポンサードリンク


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!