復縁したい相手に送る!メールの5つのポイント

復縁したい相手に送る!メールの5つのポイント

別れたけれどどうしても忘れられない大好きな人に、復縁したい旨をどう伝えるかはとても神経を使いますし難しいですよね。ここで失敗はできないというプレッシャーもあるかと思います。

そこで今回は復縁したい相手に送るメールのポイントを5つご紹介します。


スポンサーリンク


 

 復縁したい相手に送る!メールの5つのポイント

 

ポイント1. 感謝と謝罪を伝える

人付き合いを上手くする基本は相手にきちんと感謝と謝罪を伝えることです。もちろん恋愛も大切な人付き合いのひとつですから、伝えるべきことはしっかり伝えなくてはいけません。

一度でも別れることになったのなら、言い争いやすれ違いなどがあったのでしょう。そういった場合、どちらかが一方的に悪いと言うことはとても少ない例ですのでお互いがお互いにきちんと謝る必要があるでしょう。なのでメールの最初は相手に謝罪を述べるといいですね。素直に謝ることのできる人からのメールなら相手も真剣に読んでくれることと思います。

そして、今までお付き合いをしてくれたことやメールを読んでくれたことに対して、ありがとうと伝えましょう。そうすることで誠実さが伝わり、印象はかなり良くなるはずですよ。

 

ポイント2. 返事が来てもその日のうちに返信しない

次に、メールの返事が来てもすぐに返さないことも大切です。

真摯なやり取りをしているならば、即時に返信などできないはずです。返信が来たことに気持ちが浮ついてしまう気持ちもわかりますが一度堪えてゆっくり考えた後にメールを返しましょう。軽い人だと思われないためにもこの方法は効果的です。

一晩返信を見送ることで次の日も相手とメールするきっかけを作ることにもなりますが、「昨日は寝てしまって…」「疲れていて」などと前置きするのはおすすめしません。真剣ではないのではないか、自分に甘い人だ、という印象を与えかねません。その場合は「一晩考えてみたのだけれどー」というのが真摯な対応ではないでしょうか。

しかし、最初のメールに対して相手からの返信が即時だった場合は一日置くと無精な印象を与えることにも繋がりますので数時間あけるなど臨機応変に対応しましょう。

 

ポイント3. 重たい雰囲気を感じさせない

メールの内容に重たいイメージを含む文章を使わないこともコツのひとつです。

特に今までの思い出を語ってみたり「あなたがいなくなって私はー」というような語り口は重たい印象を与えますのでやめましょう。友人になったつもりで共通言語や相手の好きなものに興味を示した内容などで会話を盛り上げることに専念するといいでしょう。

無理に語らなくても、相手はあなたとメールをするだけであなたのことを考え共有した思い出を回想しています。大切なのはやりとりをすることとそれを続けることなのです。

最初に送るメールにも、最後に「さようなら」などはつけない方が好ましいです。昔の少女漫画のようで重たく悲恋ぶった印象を与えがちで相手は女々しく感じるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

ポイント4. 何度も送らない

復縁メールにありがちなのが、「どうして私ではだめなの?」「お願いだからー」と何度もメールを送ってしまうパターンです。

冷静になってきちんと文章を組み立てればそんなに沢山送らなくてもいいはずですし相手も全てのメールに対応できるほど暇ではないでしょう。相手もあなたと同じく失恋したばかりなのです。心情を察してあげることも愛なのではないでしょうか。

相手からのメールが返ってこない場合に何度も送ってしまうというケースがほとんどのように思います。しかし、返信が来ないにはそれなりの理由があるものです。送ったメールの文章に問題がないか、それ以前にやるべきことがなかったかなどじっくり考えてみましょう。そして自分の間違いに気付いたならその旨だけを相手にきちんと謝罪し今後は同じことがないようにすると素直に伝えることで誠意を見せることもとても大切なことです。

 

ポイント5. できるだけ短い文章で

女性から男性へのメールの場合、男性は日記メールや感情論を連ねたような長文メールがとても苦手な生き物です。

結局は何を言いたいのかが明白でない文章は基本的に受け付けないという人が多いようですので、できるだけ簡潔に伝えたいことだけが上手に伝わるように文章を組み立ててみましょう。

男性から女性へのメールの場合、女性は長文メールで復縁を申し込んでくる男性に対して女々しい印象を抱きがちです。サッと連れ去ってしまうような男らしいかつ紳士的な言葉で相手のハートを再び取り戻してはいかがでしょうか。

 

いかがでしたか?

以上、復縁したい相手に送る!メールの5つのポイントでした。

メールと言えど文章ですので顔や声の表情が見えない分、文章力や口頭で話すよりもきちんとした言葉遣いなどが要求されます。これからを一緒に過ごしたい人へ贈る文章、しっかりしたためたいものですね。

 

まとめ

 復縁したい相手に送る!メールの5つのポイント

ポイント1. 感謝と謝罪を伝える
ポイント2. 返事が来てもその日のうちに返信しない
ポイント3. 重たい雰囲気を感じさせない
ポイント4. 何度も送らない
ポイント5. できるだけ短い文章で


スポンサーリンク


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!