別れ話の切り出し方が難しいと思う5つの理由

別れ話の切り出し方が難しいと思う5つの理由別れ話の切り出し方って難しいですよね。出来れば別れ話はしたくない話ではあるものの、もう恋人とは付き合っていけないと思ったからには、別れ話をしなければなりません。自然消滅を狙うのもアリですが、トラブルになりやすく、しっかりと別れるのであれば別れ話をするのは避けて通れない道となります。

しかし別れ話はあまり良い話ではないので、切り出し方に悩んでしまい、なかなか別れ話が出来ない…という状態になりやすいですよね。そこで今回は別れ話の切り出し方が難しいと思う理由を5つ紹介していきます。何故別れ話の切り出し方はこうも難しいのか、その理由について見ていきましょう!


 

スポンサーリンク


  

別れ話の切り出し方が難しいと思う5つの理由

   

相手を確実に傷付けることになるから

 別れ話を切り出すというのは、相手をほぼ確実に傷付けることになりますよね。完全に冷めきってしまっていて、お互い別れをなんとなく察しているのであれば別れ話を切り出すのもそこまで難しいとは感じないものの、そうではない場合には別れ話を切り出せば確実に相手を傷付けることを容易に想像出来てしまうため、切り出し方が難しくなってしまうと思います。

いくら別れ話をしたいと思っていても、その相手は今まで自分が大切に思ってきた恋人。そんな恋人を傷付けるというのは簡単に出来るものでもないので、傷付けてしまうかもしれないと思うと別れ話の切り出し方がどんどん難しくなってしまうのです。

  

顔を見ると情が湧いてしまうから

 別れ話の切り出し方が難しいと感じる理由には、いざ顔を見て別れ話をしようと思っていても、実際に顔を見ると色々な感情が込み上げてきてしまい、結局別れ話が出来なくなってしまうというものもありますよね。おそらくほとんどの人は、これが理由でなかなか別れ話が出来なかった経験があるという人も多いと思います。

やはり今まで好きでいた相手だからこそ、いくら別れたいと思っていても顔を見てしまえば情が湧いてしまい、別れるのが少しばかり寂しい、悲しいと自身でも思ってしまうものです。相手が悲しむことも手に取るようにわかるので、顔を見ると情が湧いてしまい、別れ話の切り出し方がどうしても難しくなってしまいますよね。結局別れ話を切り出せず、ズルズルと付き合ってしまうのもこのパターンに多い傾向だと思います。

  

恋人が想ってくれているのを知っているから

 恋人が自分を好きでいてくれる、それを知っていると別れ話の切り出し方が難しくなってしまいます。普通ならば恋人が自分を好いてくれていると自信を持てるのは最高に嬉しく喜べることですが、別れ話を切り出したいと思っている時は出来れば知りたくはないのが本音ですよね。

恋人が自分を想ってくれている以上、別れ話を切り出したところで相手はひどく傷付くでしょうし、嫌だと別れを拒否する可能性も出てきます。別れ話を切り出したいと思っている立場としては、出来るだけすんなりと別れ話を終わらせたいという気持ちもあるので、なかなかそれが出来なさそうと感じてしまうと、別れ話の良い切り出し方がなかなか思いつかず、恋人から伝わってくる気持ちと合わさって、深い悩みの種になってしまうことは少なくないのです。

  

スポンサーリンク

別れた後を考えると少し厄介だから

 別れた後のことを考えると、別れ話の切り出し方はかなり悩みますし、慎重にもなりますよね。たとえば付き合っている恋人が同じ学校や会社だった場合、タイミングを掴んで別れ話を切り出していかないと、周りにも影響を及ぼしてしまう可能性が出てきますよね。別れ話をされた側としては、それが原因で数日間ひどく落ち込み、何に対しても無気力になってしまう場合もありますし、人間関係にも大きな変化が訪れる可能性も十分にあります。

そのため、別れ話の切り出し方を誤ってしまえば、周りから自分が非難されたり気まずい思いをする場合も考えられるため、別れた後のことを考えるとなかなか切り出し方が思い浮かばないという状態になってしまうのです。

   

自分が悪者になってしまうから

 人は誰だって悪者になりたくはありません。そのため、別れ話を切り出してしまえば自分が悪者になってしまうからと無意識に思ってしまい、悪者にならないような別れ話の切り出し方が見付からないと、なかなか別れ話を切り出せないという状態になりやすいのです。

実際、自分が別れたいと思う原因というのはほとんどの場合、相手に非があったり、どちらも悪いとは言えない内容が原因のことが多いですよね。自分が100%悪いから別れ話を切り出すというケースはそうないものなので、自分は悪くないのに別れ話を切り出すと悪者になってしまうから、なかなか切り出せないという気持ちが強く出てきてしまうのです。

  

いかがでしたか?

別れ話の切り出し方は本当に難しく、どんなに頭で考え、悩んだとして最適の切り出し方というものはそうそう見つかるものでもありません。実際別れ話を相手にするというのは、ほとんどの場合確実に相手を傷付ける行為になりますし、別れ話を切り出された相手はしばらくの間生活に支障をきたしてしまうくらいには落ち込んでしまうものです。

これは別れ話をする上では避けては通れない道なので、別れ話をすると決めたからには相手を傷付け、自分が悪者になっても良いという覚悟をある程度しなければならないのです。

別れ話の切り出し方を考える際、出来るだけ相手を傷付けないように…と思う人が多いと思いますが、上手い切り出し方なんてものはそもそもなく、相手は必ず傷付くものであると割り切った上で、別れ話をするタイミングを掴んでいきましょう。

別れ話は切り出す側、切り出される側、どちらにしても喜べる話題ではありません。しかし前に進むためには必要なものになるので、今まで大切にし、大切にしてくれた恋人のためにも別れ話をしっかりとしていきましょう。

   

まとめ

 別れ話の切り出し方が難しいと思う5つの理由

・相手を確実に傷付けることになるから
・顔を見ると情が湧いてしまうから
・恋人が想ってくれているのを知っているから
・別れた後を考えると少し厄介だから
・自分が悪者になってしまうから


スポンサーリンク


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!