彼女への謝り方で男性が失敗しやすい5つの方法

彼女への謝り方で男性が失敗しやすい5つの方法恋人と付き合っていれば、彼女と喧嘩してしまう事もあるでしょう。そんな時には彼女への謝り方で、どうすればいいか頭が一杯になる男性もいますよね。

でもうこういう時ほど落ち着きたいものです。では彼女への謝り方で男性が失敗しやすい5つの方法についてお伝えしていきますので、参考にしてみてください。



 

彼女への謝り方で男性が失敗しやすい5つの方法

 

いい加減な態度で謝る

彼女への謝り方ではその態度も大事になります。いい加減な態度で謝ってしまうのはあまり良くないと言えるでしょう。これは彼女へ謝る時だけに限定されないことです。謝罪を要求した時に、相手からいい加減な態度で謝られるのと、相手から真摯な態度で謝られるのでは自分の心境も変わって来るもの。

例えば、いい加減な態度で謝られた場合はかえって火に油を注ぐ結果になってしまうパターンもあり得ます。あるいはその人間とは関わり合いたくないと望む人もいるかもしれません。もし恋人と喧嘩した時に、内心では「くだらない事で怒っているな」と思っても、謝る時にはその気持ちを前に出さないように気を付ける事をおすすめします。

 

彼女の事を責めながら謝る

彼女に謝らなくてはと思っても、自分自身の気持ちがおさまらない場合もあるでしょう。喧嘩する事になったのは彼女にも問題があるのに、何で自分だけが頭を下げなくてはいけないのだと思う場合も。

謝りながらも彼女の事を責めてしまうかもしれません。そしてこのように謝られると、彼女の気分を害す可能性もあるのです。例えば喧嘩になったカップルの男性の方が「俺も悪かったけれど、お前も無神経な所があるだろ。あんな言葉をよく平気で言えるよな」などと言ったら、その彼女の反応は、何となく予測が付きますよね。

彼女が黙って去ってしまう場合や、怒って喧嘩はヒートアップする場合も考えられます。外野だとこのような謝り方をしないと思っていても、当事者になると頭に血が上って言ってしまうかもしれません。もし恋人と喧嘩になった時にはご注意下さい。

 

時間が経過し過ぎてから謝る

彼女に謝ろうと思っても、中々すぐには素直に謝れない事もあるでしょう。そうして男性から謝れないままで、うやむやのまま仲直りが出来たら良いのですが、そのまま気まずくなって距離を置いてしまうパターンも。

このように距離が空いたままで時間が過ぎて行くと、彼女の方が自然消滅してしまったと感じる場合もあるのです。男性が時間を経過し過ぎた後に謝りに行ったら、彼女には自然消滅したと思っていたと告げられる場合や、新しい恋人がいると言われる場合なども考えられます。せっかく、謝りに行ったのにこのような対応をされるのは、男性としてはショックを感じる事が多いでしょう。

そのため彼女に謝るまでに時間を置こうと考えても、その時間の置き過ぎには注意をする事が大切。謝るタイミングを間違えて、大事な恋人を失う事にならないようにしたいですね。

スポンサーリンク

怒りながら謝る

喧嘩になった時に彼女に怒りながら謝るパターンもあり得ます。例えば「さっきから謝っているだろ。執念深い女だな」などと言ってしまう場合もあるかもしれません。

ただこのように謝っては、彼女に対して申し訳なく感じている気持ちは伝わりにくいですよね。更にこのような謝り方では、彼女を傷付けてしまう可能性もあります。つい喧嘩になってしまうと、相手に本心では無くても酷い言葉を言ってしまう場合もあるでしょう。

ただ、そのような酷い言葉を投げ掛ける事によって、彼女の気持ちが冷めてしまう可能性もあるのです。ひょっとしたら、自分が不愉快にさせられた分だけ彼女にも嫌な思いをさせたいと考える場合もあるでしょう。

でも彼女と恋人として付き合い続けて行きたいのであれば、謝る時の言葉には十分注意をしなければいけません。

 

自分の事を擁護しながら謝る

彼女への謝り方で、自分の事を擁護しながら謝るのも失敗しやすい方法です。彼女に謝る時に自分の事を擁護したくなる気持ちは分からないでもありません。しかし、このように自分の事を擁護しながら謝られるのは、彼女側の立場に立ってみると気持ちの良い物ではないのです。

謝られている彼女の立場からすると、本当に謝りたいと思っているのか疑問に思う事も考えられます。そのため自分の擁護をしたくても、彼女に謝る時には話題に出さない事が必要です。

自分の擁護をするのは謝って彼女が許してくれた後でも構わないでしょう。まずは彼女にきちんと謝る事を優先させると良いでしょう。

 

いかがでしたか。

彼女への謝り方で失敗してしまうと、更に2人の関係性が悪化する場合があります。彼女と険悪になった事で、動揺してしまっている男性もいるかもしれません。でもどのような謝り方をするかは冷静に考える事が必要なのです。恋人と険悪になった事態を乗り越えて、2人が良い関係を続けられるためにも、彼女への謝り方はしっかりと考えるようにしましょう。

 

まとめ

彼女への謝り方で男性が失敗しやすい5つの方法

・いい加減な態度で謝る
・彼女の事を責めながら謝る
・時間が経過し過ぎてから謝る
・怒りながら謝る
・自分の事を擁護しながら謝る


スポンサーリンク


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!