彼女への謝り方でメールを使った5つの方法

彼女への謝り方でメールを使った5つの方法 彼女と喧嘩をした際、どうすれば仲直り出来るだろう…と謝り方について考える男性は少なくありません。直接謝るのが一番であるとも言われていますが、場合によっては直接謝る機会すら彼女からもらえない場合もあり、謝り方がメールに限定されてしまうこともありますよね。直接会えない以上、メールでどうにかして謝らなければなりません。

そこで今回はメールでの謝り方を考えている男性に向けて、彼女への謝り方でメールを使った方法を5つ紹介していきます。謝り方の中でもメールを使った方法で様子をみたい、直接謝る勇気がない、そんな男性なるべく早く彼女に許してもらう為にも、よくチェックしてみてくださいね。


 

スポンサーリンク


  

彼女への謝り方でメールを使った5つの方法

  

素直に謝る

 彼女へのメールでの謝り方の中で最もスタンダートな謝り方と言えば、素直に謝るというものだと思います。とにかく謝らなければ話が進まない場合もあるので、とにかく怒らせてしまった、不快にさせてしまった理由がわかっている場合には素直に謝りのメールを送ってみましょう。

この時ポイントなのが、理由がわかっている時に限るというところです。理由もわからずに謝られるのは、もし自分がされたらと想像をしてみると、あまりスッキリしませんよね。理由がわからずに謝られてしまっても、中身が空っぽの謝罪になってしまいますし、さらに日に油を注ぐ展開になってしまう可能性もあります。

そのため、もしこの謝り方を試す際には、ある程度彼女を怒らせている原因がわかった上で送るようにしましょう。もしかしたら怒っている理由は別にあるかもしれませんが、空っぽの謝罪をするよりかは話し合いに持ち込める可能性も高いため、まずは素直に謝って自分の非を認める姿勢を彼女に見せていきましょう。

  

直接謝りたいと送る

 メールでの謝り方での欠点は、誠意がないと思われてしまう時があるというものです。謝罪だけでなく告白に関しても言えることですが、直接言ったほうが良い言葉というものがあるもので、メールで送ったとしても無機質に感じて気持ちが伝わりにくいという欠点があるのです。特に彼女が怒っている時というのは、よりそれを感じさせてしまう可能性もあるので、彼女がそういったことに厳しい人ならばメールでの謝り方は少し工夫しなければなりません。

そこでメールには謝罪をするのと共に、改めて直接謝りたいという言葉を付け加えていきましょう。このほうが誠意が伝わりますし、これからのことも考えてくれているのかなと彼女は安心するのです。実際自分が怒っていたとして、メールだけで喧嘩や揉め事を完結させられてしまうのは少し腑に落ちませんよね。その場ではスッキリしたとしても、モヤモヤ年経気持ちは引きずってしまうものだと思います。

そのため、メールの謝り方の全てにおいて言えることですが、謝るのは直接のほうが良いということもあるので、メールで謝り、そして直接謝るというセットで考えてみましょう。

  

相手の気持ちを察した文章を送る

 女性は自分の気持ちをわかってくれない、察してくれないことに対して悲しむ生き物でもあります。特に自分の大好きな彼氏が自分の気持ちをわかってくれなかったという事実は、自分の自信喪失にも繋がる大問題なのです。あまり男性としては理解出来ない…という感覚かもしれませんが、実際に彼女がそう思ってしまったということは、不本意だとしても傷付けてしまったことに変わりないのです。

そのため、もし彼女が感情的になりやすいタイプだったり、怒っていてまったく話が進まない、謝っても許してくれない時には相手の気持ちを察した文章を送るという謝り方を試してみてください。相手の気持ちと言っても検討が付かない…という場合もあるかもしれませんが、彼氏が自分のことを考えてくれているということさえ彼女に伝わってしまえば話し合いに移れるので、とにかく彼女の気持ちを察した文章をメールで送ってみましょう。

  

スポンサーリンク

怒っている理由を尋ねる

 理由もわかっていない空っぽの謝罪をされたところで、男性だって気持ちが良いものではありませんよね。そんなものは謝罪に入らない!とはねのけてしまう人もいるでしょう。そのため、彼女が怒っている理由がわからないならば、ただ謝るのはリスクが高く、やらないように気を付けましょう。

理由がわからない状態だと、いくら自分が考えたところで限界はあるので、素直に彼女に怒っている理由をメールで尋ねてみましょう。もちろん彼女はより怒るかもしれませんが、わからないものはわからないもので、仲直りをしたいのであれば彼女もある程度折れなければなりません。意地になってしまうタイプの彼女も中にはいますが、仲直りをしたいという気持ちをしっかりと伝えた後に怒っている理由を尋ねてみましょう。

この時、やはり彼女にとっては理由もわかってくれなかったことに関して悲観してしまっている場合があります。そのため、察してあげられなかったことは重ねて謝るようにすると◎。女性は男性よりも感情的であり、色々と思い詰めて考えてしまうものなので、この謝り方のポイントとしては重ねて謝るということを忘れないようにしましょう。

  

何気ない内容で送ってみる

 彼女によっては、怒っていたとしても喧嘩をしている空気に耐えられなくなり寂しくなる人や、もしかして愛想つかされたかも…?と不安になるタイプもいます。こういったタイプの彼女の場合は、とにかく喧嘩を早く終わらせたい、自分も悪いところがあったと反省しているものの、意地になってしまった分自分からはメールしにくいと思っているケースが多くあります。

そんな中で喧嘩の話題を掘り起こすようなメールを送ってしまえば、より罪悪感に苛まれることもありえるので、それを避けるためにも何気ないメールが最適なのです。

喧嘩をしたりやり取りが途絶えてから数日間経って音沙汰がない場合には、彼女にも色々考えているところがあると察して、何気ないメールを送ってみましょう。その上である程度やり取りが続いたら、謝ると◎。

やはりトラブルが起こった後、トラブルがなかったかのように振る舞うのは後から後悔が生まれるものでもあるのです。この謝り方は、顔を合わせない分お互い意地を張らずに冷静に関係を戻しつつ、謝る雰囲気を作るというものなので、まずは適度に連絡を取り合えるようにする、ということを目指してメールを送ってみましょう。

 

いかがでしたか?

彼女へのメールでの謝り方には、最初に謝るパターンと、途中で謝るパターンの大きく分けて二つのものがあります。タイプによって謝り方は変わってくるので、まずはメールで謝る前に彼女はどんなタイプの女性なのか考えてみましょう。

今回紹介した5つの謝り方を参考にしてみると、彼女への謝罪もスムーズに行くだけでなく、彼女との距離を喧嘩をきっかけに縮めることも出来るはずです。謝りたい、彼女と仲直りしたいという気持ちを素直に伝えていきましょう。

  

まとめ

 彼女への謝り方でメールを使った5つの方法

・素直に謝る
・直接謝りたいと送る
・相手の気持ちを察した文章を送る
・怒っている理由を尋ねる
・何気ない内容で送ってみる


スポンサーリンク


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!