告白を花言葉でするのならこの5つがおススメ!

告白を花言葉でするのならこの5つがおススメ!

告白は花言葉を使えば、とても素敵なメッセージになりますよね。よく映画やドラマなどで男性が大きなバラの花束を好きな女性にプレゼントするシーンがありますが、愛情表現の花はバラだけではなく、告白する時に花言葉でピッタリな種類は色々と存在します。

綺麗な花は見ているだけでも心が癒されますが、その魅力の中に隠れたメッセージが込められているなんて、とてもロマンチックですよね。

好きな人にどうしても自分の存在を知ってほしい時は、勇気を出して告白を花言葉でしてみましょう。では、告白という大切な瞬間にオススメしたい5つの種類をご紹介していきましょう。


スポンサーリンク


 

告白を花言葉でするのならこの5つがおススメ!

 

キク

告白を花言葉でする時、花の種類を選ぶのが一番楽しい瞬間です。ちょっと意外なものにキクがありますが、イメージからはかけ離れた「あなたを愛しています」というストレートな花言葉の意味を持っています。

キクは10月1日、11月27日、12月13日の誕生花になっていますので、好きな人の誕生日に合わせて贈っても素敵ですよね。

キクの花言葉は英語でもずばり「I LOVE YOU」。告白を花言葉でする時に注意したいのは、キクは色によって少し意味合いが違ってしまう点。

愛情を伝えるなら赤いキク、もしくは白。黄色いキクは「破れた恋」という意味がありますので、失恋した時に良いですね。

キクはそもそも「きわまる」という言葉から名前が付いたといわれています。日本では皇室や天皇を表す紋章としてキクが使われていますので、とても高貴なイメージがありますよね。

 

ヒマワリ

元気いっぱいな人に告白する時の花ならヒマワリがピッタリでしょう。「あなただけを見つめている」「恋慕」「熱愛」という意味があり、太陽のようなヒマワリは情熱的が伝えやすいものでもあります。

ヒマワリは誰に贈っても喜ばれそうな定番の花ですが、男性が女性にプロボーズする際、バラの次に人気があるのがヒマワリとも言われるほど。もらった人を元気にしてくれるとても素敵な魅力が特徴に。

ヒマワリは太陽に向かって成長する向日性があることから、漢字では「向日葵」と書かれます。朝は東を向き、夕日が沈む時には西方向に向きを変えるヒマワリは、いつも強いエネルギーを太陽から取り込み、周囲の人たちのモチベーションをアップしてくれます。

そんな人を好きになった時は、告白の花としてヒマワリを選んではいかがでしょうか。

 

コチョウラン

発表会などでよく使われるコチョウランは、とてもエレガントな美しさが人気です。ピンクのコチョウランは「あなたを愛しています」という意味があり、白いコチョウランは「清純」という花言葉があります。

そもそもこのお花は蝶をモチーフにしたような花の姿が特徴で、空をふわふわ飛んでいるようにも見えますよね。

ギリシア神話で有名な愛と美の女神「アプロディーテー」に由来して学名がつけられたとも言われています。コチョウランには「幸福が飛んでくる」という花言葉もあるように、蝶が家に舞い込んでくるような、ファンタジーな印象もありますよね。

花嫁のブーケとして人気がある白いコチョウラン。清純な美しさをお花でさらにアピールしてくれるでしょう。

コチョウラン全般の花言葉は「高貴」「美」「愛情」「上品」という意味がありますので、手の届かないような素敵な人に告白する時にもピッタリですね。

スポンサーリンク

ブーゲンビリア

南国を思い出す、ワクワクする花のブーゲンビリアは、女性がプレゼントされたい花のひとつ。トロピカルなイメージが強いこの花の季節は夏で、色は黄色、ピンク、赤、白、紫、オレンジなどカラフルなことが特徴です。

ブーゲンビリア全般に共通する花言葉は「あなたしか見えない」「情熱」「あなたは魅力に満ちている」というもの。

夏生まれの7月20日はピンクのブーゲンビリアが誕生花、7月26日と29日は白が誕生花になっていますので、夏生まれのプレゼントにもピッタリでしょう。

ブーゲンビリアは1766年にブラジルで発見したフランス人の探検家、ブーガンヴィルという人の名前にちなんでつけられました。

南国を代表する花で、太陽や暑い季節をイメージしやすいですよね。情熱という花言葉は、元気に夏を過ごす人にピッタリの告白の花になるでしょう。

 

ベゴニア

告白を花言葉でする時は、自分の気持ちをそのまま相手に伝えたいですよね。ベゴニアの花言葉は「片思い」「幸福な日々」「愛の告白」「親切」という意味があります。

好きな人がいるけれど言葉ではっきりと気持ちが伝えられない時、いつも頭の中で好きな人のことを考えている、そんな場合はベゴニアで片思いをしている自分の存在を知ってもらいましょう。

ベゴニアの花言葉「片思い」の由来は、葉の形が可愛いハート形になっていることが由来していると言われています。優しい魅力たっぷりの花なので、もらった人も心が癒される告白として受け取れるでしょうね。

ベゴニアはフランスの植物学者のシャルル・プリュミエがフランス領のアンティル諸島総督ミシェル・ベゴンにちなんで名前がつけられました。

10月18日と11月29日の誕生花になっていますので、誕生日に合わせてプレゼントしても素敵ですね。

 

いかがでしたか。

告白を花言葉でする時は、もらう人の魅力に合わせて花を選ぶと更に素敵な告白になります。

自分の気持ちをうまく伝えるには、愛情を示す素敵な花の中から自分の気持ちに一番近いものを選んでみましょう。

 

まとめ

告白を花言葉でするのならこの5つがおススメ!

・キク
・ヒマワリ
・コチョウラン
・ブーゲンビリア
・ベゴニア

 

☆こちらの記事もチェックしてみてくださいね!

>>>花言葉で思いやりを表現するために贈りたい5つの花


スポンサーリンク


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!