彼氏をめんどくさいと思った時に…気を付けたい5つのこと

彼氏をめんどくさいと思った時に…気を付けたい5つのこと大好きな彼氏だけどめんどくさい…と感じた経験はありませんか。そんな時に態度に出してしまうと、彼氏が傷つき喧嘩に進展する可能性があります。男女の間では恋愛に対する考え方が違うもの。その思考の違いを理解しておかないと、彼氏の行動自体が全く分からないものに見えてしまうでしょう。

いつまでも一緒にいたいけれど、ある瞬間に彼氏がめんどくさいと感じる時。仲が良いほど喧嘩をするとも言われていますが、そんな時は自分の言動に注意する必要があるのです。ではどんな点を意識したら良いか、彼氏をめんどくさいと感じた時の5つの注意点をお伝えしていきましょう。


 

スポンサーリンク


 

彼氏をめんどくさいと思った時に…
気を付けたい5つのこと

 

きつい言い方をしないこと 

彼氏をめんどくさいと感じるのは原因があるためです。恋愛に対しての考え方が違う男女の間では、ちょっとした行動や反応が相手には理解してもらえない時も。彼氏がしつこく連絡してきたり、いつも一緒に行動したがったりする場合は、彼女が一瞬うざいと感じる可能性も。でもそんな彼氏の行動は、ちょっと不器用な愛情表現なのかもしれません。

彼氏がめんどくさいと感じた時は、態度であからさまにせずにきつい言い方で攻撃しないようにしましょう。男性は女性が思っている以上に繊細な生き物。彼女の一言で傷ついてしまう時も。彼氏がめんどくさいのは、愛されていることなんだとプラスに解釈してみることも時には必要なのです。

 

連絡をいきなり減らさない 

彼氏がめんどくさい時は、彼女は必然的に距離を置きたくなりますよね。デートをするのもうざい、顔も見たくないと思ってもいきなり連絡をストップしない方が良いでしょう。そもそも彼女が彼氏をめんどくさいと思っていること自体、男性は気が付いていないはず。それなのにいきなり彼女の態度が変わり、怒っているのは何故だか不思議に思う彼氏もいるでしょう。

そんな時に、彼女が一方的に連絡の頻度を減らしたり、デートをキャンセルしたりするような行動をとると、彼氏が傷ついてしまいます。些細な誤解が別れるほど深刻な原因になる場合もありますので、めんどくさい時でもなるべく平常通りのコミュニケーションは取り続けましょう。

 

友達に悪口をいわない 

彼氏がめんどくさいと感じるのは、彼女のスペースに彼氏がどんどん入り込んでくることも原因のひとつです。彼女が大好きでいつも一緒にいたい、心配性で彼女の行動がいつも気になる男性など。こんなタイプの彼氏は、彼女の行動を常に知らないと不安になってしまいます。

しかし彼女にすると束縛されるような恋愛は、とてもめんどくさいですよね。そんな時についついやってしまうのが、友達に悪口を言うこと。女友達なら愚痴こぼし程度でお互いに理解できますが、彼氏の友達に悪口を言ってしまうのは、できれば避けたいですね。

お互いのスペースを尊重しあうことは、恋愛関係にとても重要なポイントです。文句を言いたい時は、第三者を巻き込まずに、直接相手に言うようにしましょう。

 

スポンサーリンク

正直な気持ちを彼氏に優しく伝える 

彼氏をめんどくさいと思った時に、一人でいつまでも考えてこんでいるとストレスになります。男性は女性のそんな心の中までは見抜けないので、どんどん彼女がうざいと思うような行動を続けてくるでしょう。それとなく態度で示してもわからない彼氏には、本人に言わないと気が付かないのです。

そんな時は、それとなく優しく今の気持ちを伝えましょう。彼氏をめんどくさいと感じる原因や、行動などを直してもらうように二人のコミュニケーションが大切に。

相手に注文を付ける時はお互い様なので、自分も悪いところを直す気持ちが必要です。二人が歩み寄れば、さらに信頼関係も強くなり素敵な恋人関係が築けます。

 

距離を置いて様子を見る 

彼氏をめんどくさいと思うのは、付き合う期間が長くなりお互いにマンネリ化している可能性があります。出会った時は素敵な面しか見えなかったのに、時間とともに相手の悪い部分ばかりが目立つようになることも。

そういうことが、彼氏をめんどくさいと感じるようになるきっかけになるのです。些細な一言や行動が、彼女の怒りに触れる場合もあるでしょう。仲直りもうまくできない状態が続くと、徐々に距離を置きたくなりますよね。

不安な時は無理に近づかないで、しばらく連絡しないでそれぞれの生活を楽しんでみましょう。距離を置いてみると、相手の魅力や価値が再発見できることがあります。やっぱりこの人じゃないとダメだなと思えるように、一人の時間を作ってみてください。

 

いかがでしたか。

彼氏をめんどくさいと思った時は、感情的にならずに冷静に行動しましょう。不快な思いが思わず口に出てしまい、それが喧嘩に進展する時もあります。恋愛はお互いに我慢している部分があり、感謝や思いやりの気持ちがないと相手の悪い部分しか目に入ってこないのです。

いつまでも幸せな恋愛関係を維持するには、なによりもコミュニケーションが大切ですね。本音で話ができる素敵な関係を作りましょう。彼氏がめんどくさいと感じた時も、素直に相手に言えるオープンな関係が理想です。めんどくさいと感じるほど、彼氏から愛されている証拠なのだと良い意味に受け取るのも一つの方法です。

  

まとめ

 彼氏をめんどくさいと思った時に…気を付けたい5つのこと

・きつい言い方をしないこと
・連絡をいきなり減らさない
・友達に悪口をいわない
・正直な気持ちを彼氏に優しく伝える
・距離を置いて様子を見る


スポンサーリンク


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!