好きな人にする行動で間違いやすい5つのもの

好きな人にする行動で間違いやすい5つのもの好きな人にする行動は慎重に判断しないと、相手に誤解されて嫌われてしまう場合があります。そんなつもりじゃなかったのに…と後悔しても遅い場合も。

このような悲しい経験をしないためには、自分の行動が相手にはどのように見えるのか正しく判断しておく必要があります。

好きな人にする行動は、すべてがストレートな愛情表現ではありません。恥ずかしいあまり本当の気持ちとは逆の行動をとってしまうこともありますよね。

そんな失敗をしないためには、どんな点に注意すべきなのか、好きな人にする行動で間違いやすい5つのものについて見ていきましょう。


スポンサーリンク


 

好きな人にする行動で間違いやすい5つのもの

 

ほかの異性と仲良くする

好きな人にする行動で一番間違いやすいのが、ほかの異性との関わり方です。相手が自分に対してどんな気持ちを持っているかわからない時は、まだ恋愛の駆け引きをするのは早すぎます。

ほかの異性と仲良くしてヤキモチをやいてもらうのは、両想いであると確信できる場合ではないと、失敗する可能性があるでしょう。

異性の前に来るとわざとリアクションを大げさにしたり、大声をだして笑ったりするなど。こんな態度は、異性ばかりを意識する人だと誤解されてしまうので、浮気タイプだと思われる可能性も。

好きな人にする行動はあまり考えすぎず、とくに駆け引きをするような技を使わずに自然な気持ちをアピールすると良いでしょう。素直でわかりやすい人のほうが、周囲から好感が持たれ近づきやすい存在になるのです。

 

無表情で接してしまう

好きな人にする行動で多いのが、緊張のあまり表情が硬くなりその結果興味がないと誤解されるというもの。

好きな人のことが頭から離れないと実際に相手を目の前にした時、どんな態度をとっていいかわからないですよね。そして自分の気持ちを悟られたくないと思うと、必然的に距離を置いてしまうのです。

目を合わせないように下を向いたり、好きな人が近づくとさっと逃げてしまったり。これでは相手も不安になり、アプローチするチャンスがありません。

好きな人にする行動はできるだけ好感を残せるように、笑顔で接したり表情豊かにしたりするのが魅力を見せるポイント。

無表情だと冷たい人だと誤解されて、一緒にいても楽しめません。緊張する間は会話をしなくても、とにかく素敵な笑顔だけでも相手に知ってもらうことが大切です。

 

リアクションが少ない

好きな人にする行動は、自分ではそんなつもりでないのに相手が誤解する態度が色々あります。付き合いたいなと思うような素敵な人が現れた時に、両想いになるのが最終的なゴールですよね。

自分のことを少しでも気に入ってもらうように、努力をすることは多いもの。でも気持ちを隠しすぎてリアクションが少ないと、逆効果になります。

恋をすると相手に気持ちを悟られるのが不安になり、できるだけバレないようにポーカーフェイスになってしまう場合も。

また周囲にも自分が恋をしていることを知られたくないので、わざと興味がないような態度をとってしまうのです。

たとえば好きな人から話しかけられて本当は飛び上がるほど嬉しいのに、さっと言葉を返してリアクションが少ないと、相手はがっかりするでしょう。こんな時は「脈なし?」と誤解される瞬間になってしまうのです。

スポンサーリンク

LINEの返信が遅い

好きな人からLINEが来た時に、本来なら待ちかねていたはずなのですぐに返信したくなるでしょう。でもあからさまな態度で接してしまうと自分がベタ惚れであるとバレてしまいます。

そんな不安を抱いていると、返信もわざと時間をかけてしまい、さほど返信を重要視していない態度になりますよね。

本当はすぐに返信したいけれど、なんていえば良いのか内容が決まらずに時間がかかる場合もあるでしょう。

好きな人に対する行動は、とにかく勘違いされないように注意したい点。好きな人からメッセージが来たら、短い文章でもいいのでできるだけ早く返信しましょう。

どうしても時間がかかってしまう場合は、「遅くなってごめんね」と必ずお詫びの一言をプラスすると、とても好感度がアップします。LINEでのやりとりは相手が見えないので、タイミングをうまくつかみコミュニケーションをする必要があるでしょう。

 

派手で目立ちすぎる

好きな人にする行動で間違いやすいのが、目立ちすぎる行動です。自分の存在に気がついてほしいために、わざと周囲から注目されるような派手なファッションをしたり、目立つ行動をしたりするのは、決してメリットにはなりません。

注目されたい人というのは、真面目に付き合う相手としては不安を感じますよね。好きな人に自分の魅力を伝えるのは、ほかの人からどれほど視線を浴びるかではなく、どうやって自分の魅力を発揮できるかです。その大切なポイントを勘違いすると、ただ注目されて満足したい人だと誤解されてしまいます。

誰からも好かれる人は、決して派手にしているわけではありません。好きな人にする行動も同じで特定の人だけに振り向いてもらうには、自分らしく振る舞うことがなによりも効果的な方法です。できるだけ相手の視線のなかで、自分だけが輝くような存在になりたいですね。

 

いかがでしたか。

好きな人にする行動で自分は良いと思って続けていても、それが逆効果になってしまうのは残念ですよね。一度誤解されてしまうと、本当の自分の魅力を知ってもらうには時間がかかります。

スムーズに恋愛を始めるには、自分を無理に飾ったり違う人を演じたりするのは失敗のもと。友達や家族と一緒にいる時のように、自然な自分をうまく引き出してくださいね。

 

まとめ

好きな人にする行動で間違いやすい5つのもの

・ほかの異性と仲良くする
・無表情で接してしまう
・リアクションが少ない
・LINEの返信が遅い
・派手で目立ちすぎる

☆こちらの記事も関連しています。

>>>好きな人に話しかけるのにベストな5つのタイミング


スポンサーリンク


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!