付き合う前のデートで服装を選ぶ時の5つのポイント

付き合う前のデートで服装を選ぶ時の5つのポイント付き合う前のデートは服装選びがとても大切。良い印象を残す為にあれこれと頭を悩ませてしまいますよね。デートの時は、相手の細かいところまでチェックしているもの。

同じように相手からも自分の品定めをされていると思うと、どんなファッションを選ぶかとても気になるのは当然です。

ここで絶対に失敗できない!という時は、わざわざデートのために服を新調する人もいるでしょう。付き合ってからと付き合う前では相手にアプローチする内容も異なります。

ではどんな点に注意をすべきか、付き合う前のデートの服装で意識すべき5つのポイントを見ていきましょう。


スポンサーリンク


 

付き合う前のデートで服装を
選ぶ時の5つのポイント

 

清楚な印象をアピールする 

付き合う前のデートは、できるだけ良い意味でインパクトを残すことが重要です。男性が付き合いたいと思う女性像を意識して、ファッションをコーディネートしましょう。

派手な女性は一瞬目立つメリットはありますが、男性が恋人にしたいかというと決してそうではありません。求めるものは安心して一緒にいられる素敵な女性。

そこで好感を残す為には清楚なイメージを意識して、洋服は白や薄いピンクなどを取り入れてみましょう。

清潔感はとても大切で、女性の魅力を引き出すポイントになります。真っ赤な服やキラキラした洋服よりもシンプルでナチュラル感を出したほうがとても印象的に残ります。

付き合う前のデートは、パンツよりもワンピースやスカート系で女性らしさを出すことも忘れないようにしたいですね。

 

行く場所に合わせたファッション選びをする

付き合う前のデートの服装は、ついやりすぎて失敗することもありますよね。一番お気に入りの服を選んでも、デートの行き先によっては場違いなファッションになることもあります。

たとえばアウトドアならスニーカーやカジュアルなファッションがいいですし、素敵なレストランで食事をするなら、それなりにドレスアップしていくことがコツ。

付き合う前のデートはお互いに採点をつけ合っている状態なので、少しでもマイナスを見せないように頑張りましょう。

臨機応変にファッションをコーディネートできる人、センス良くどんな場所でも一緒にデートできる人。そんな印象を残す為に行き先とオシャレはバランスを大切にする必要があります。

 

モノトーンはできれば避けたいカラー

ぽっちゃり体型の人は、黒を着たほうが体型は引き締まって見えると言われますが、付き合う前のデートの服装では、モノトーンはできれば避けたいカラーです。

理由は黒自体が顔色を悪く見せる効果がありますので、せっかく相手に良く見せたくても洋服のせいで魅力が台無しに。

体型をカバーしたい時は、さりげないアクセサリーなどで視線をごまかすことも方法のひとつですね。デートの当日に顔色が悪くて困ったら、メイクでごまかすよりもトップスで明るめのカラーを使うとパッと輝いて見えます。

厚塗りのファンデーションでは、近くで見られた時に男性ががっかりするかもしれません。すっぴんに近い肌で顔色をアップできるカラーを選ぶと無難でしょう。

スポンサーリンク

癒し感をアピールしよう

付き合う前のデートの服装は、付き合ってからよりもとても悩む点です。何を着ていくか考えていくうちにいつものパターンになってしまうことがありますよね。

大切なのは男性が好きそうな服装を選び、好感度をアップすることです。セクシー系なファッションは見ている分には楽しいかもしれませんが、男性が恋人に求めるのは癒し感。

カチッとしたスーツやぴったりしたワンピースよりも、ふんわり系のセーターやスカートで可愛らしさをアピールしましょう。

また癒し感があるのは白や薄いパステルカラーで、原色でインパクトを出しすぎるのはちょっとリスクがあります。目立たない程度で、しかも一緒にいるとホッとするようなイメージを意識してください。

 

ほどほどに女性らしさをだす

付き合う前のデートの服装を選ぶ時は、女性らしさを意識したファッションがオススメです。普段ジーンズとフラットシューズで過ごす人は、そのままではちょっと物足りなさを感じてしまいますよね。

男性がドキッとするような女性らしさは決して露出することでなく、チラリと見える程度のレベルがオススメ。

たとえばスカートもミニのタイトスカートでは、なくふんわりして動いた時に膝が一瞬見えるようなコーディネートが良いでしょう。

ジャケットの上からわからないけれど、下にはVネックで胸元がちらりと見えそうなシャツなど。さりげなく女性らしさをアピールするには、香水も忘れずにつけてくださいね。

 

いかがでしたか。

付き合う前のデートの服装で一番大切なのは、自分らしさがアピールできること。その日のためだけ無理しても相手にすぐにバレてしまいます。

着心地がよい服、自信が持てる服など、ここぞという時に着るセットを準備してください。またデートしたい、すぐに会いたいと思われるためには最初が肝心です。いつもの自分をより素敵に見せるちょっとしたセンスを生かしてデートに臨みましょう。

 

まとめ

付き合う前のデートで服装を選ぶ時の5つのポイント

・清楚な印象をアピールする
・行く場所に合わせたファッション選びをする
・モノトーンはできれば避けたいカラー
・癒し感をアピールしよう
・ほどほどに女性らしさをだす

☆こちらの記事もチェックしてみてくださいね!
>>>デートで脈ありかどうかを探る5つの方法


スポンサーリンク


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!